提出書類の形式

インフルエンザの治癒報告書

 お子様がインフルエンザに感染した場合、他の幼児児童生徒に感染させないため及び病気の悪化予防のために出席停止の措置をとります。

 

 感染拡大予防のため、出席停止の期間は、次のA・Bのどちらか長い方となります。

 

  A  「発症(発熱)の翌日から5日間」

 

  B  「解熱した日(平熱に下がった日を0日として)から2日を経過するまで」

                              (幼児は3日)

 

 ただし、上記期間を過ぎても、体調が回復しなかったり、まだ病状が見られたりすることもありますので、治癒や再登校の目安については、受診した医師とよく相談し、医師の指示に従ってください。

 

 インフルエンザに感染した幼児児童生徒は、学校保健安全法の規定により、その間は休んでも欠席日数にはなりません。

 

 なお、インフルエンザが治癒し、登校するときは、下の「治癒報告書」を提出してください。

 この報告書は、保護者の方に記入していただくものであり、医療機関に記入してもらうものではありません。

 

治癒報告書  ← 左記を印刷して、記入、押印してご提出ください。


薬の使用依頼書

 医師の指示により、薬を使用する場合に学校に提出する「薬の使用依頼書(内服薬・外用薬)」

 

及び、「宿泊を伴う行事における薬の使用依頼書」を印刷してご活用ください。

 

    「薬の使用依頼書(内服薬・外用薬)及び宿泊を伴う行事における薬の使用依頼書」



genkou