ブログ一覧

感染症情報

■インフルエンザ・新型コロナウイルス感染症に係る対応について

 日頃から本校の教育活動にご理解、ご協力いただきありがとうございます。
 学校において予防すべき感染症のうち「インフルエンザ」の出席停止の期間の基準は「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで」、「新型コロナウイルス感染症」の出席停止の期間の基準は「発症した後5日を経過し、かつ、症状が軽快解熱した後1日を経過するまで」です。
 インフルエンザあるいは新型コロナウイルスに感染した生徒は、法律の規定により出席停止となり、その間は休んでも欠席日数にはなりません。 なお、再登校するに当たってあらためて「治癒したかどうか」「検査結果の陰性」について医師の診察を受ける必要性はありませんが、症状等が続く場合、心配がある場合は医師の指示にしたがってください。

 また、新型コロナウイルス感染症は発症日から10日間は感染の恐れがありますので、出席停止期間の基準を満たした場合でも、登校する際は感染症対策にご協力をお願いします。

  インフルエンザおよび新型コロナウイルスが軽快し登校するときは、下記の「インフルエンザ治癒報告書」または「新型コロナウイルス出席停止期間終了報告書」を提出してください。この報告書は、保護者の方に記入していただくものであり、医療機関に記入してもらうものではありません。


「インフルエンザ 治癒報告書」

新型コロナウイルス出席停止終了報告書

 

 

 

以上、ご不明な点 がありましたら、飯田風越高校保健室までお問い合わせください。
お問い合わせ先 TEL. 0265-22-1515 FAX. 0265-22-8390
E-mail:fuetsu-hs@pref.nagano.lg.jp
長野県飯田風越高等学校 保健室

2024年04月19日

校長ブログ

絵画の寄贈および同窓会協力金贈呈式

本校の卒業生で画家の奥田久子さん(風越29回卒)から絵画「橋脚」(日本画院展ゼラテ賞受賞作品)を寄贈していただきました。奥田さんは本校在学中、美術部に所属し、卒業後は美術大学に進学して、その後多くの絵画展で賞を受賞されてきています。(1994年県展・県知事賞・県買い上げ(「山門」長野県看護大学所蔵など)
また、同日、本校同窓会より、生徒及び学校の教育活動支援のためとして、同窓会協力金をいただきました。校長室で、副会長の片桐ひさ子様、岡本恒和様同席の中、仲村晴子会長様より目録を受け取りました。生徒の学習や諸活動に資するもののために有効に活用させていただきます。

風越高校の桜が満開になりました。

4月8日(月)風越高校の敷地内の桜が満開になりました。朝、大根坂を登ってくる生徒たちをあたたかく出迎えてくれています。また、日々、授業やクラブ指導等にあたっている教職員にとっても、心が和むひとときを与えてくれます。

海外語学研修

3月10日(日)、本校の生徒たち37名(国際教養科32名、普通科5名)がオーストラリアのクイーンズランド州サンシャインコースト地区での語学研修に旅立ちました。約2週間の予定で、ホームステイをしながら、英語レッスンや現地校の授業を受けるなど様々なプログラムが予定されています。この経験を生かして、帰国後はさらに意欲的に語学の勉強や諸活動に取り組んでくれると思います。

2年金澤さん全日本スノーボード選手権大会で優勝

本校2年金澤木香さんが3月3日(日)4日(月)に山ノ内町よませ温泉スキー場でおこなわれた第42回JSBA全日本スノーボード選手権大会のソフトブーツ部門の2種目(Giant SlalomとDuel Slalom)で優勝しました。校長室へ報告に来てくれました。昨年に続いての2連覇です。

ソフトテニス部の活躍

ソフトテニス部が3月2日(土)に行われた「長野県シングルス選手権大会」南信予選で次の通り好成績を収めました。3月9日(土)にやまびこドームで行われる県大会に出場します。
男子 優勝 2年 半崎佑心さん   第2位 1年 木下遥さん
女子 第8位 2年高間葵さん

女子バスケットボール部が新人戦県大会で準優勝!

「最新ニュース」にも掲載がありますが、1月13日(土)・14日(日)に明科高校を会場に行われた新人戦の県大会で、本校女子バスケットボール部が準優勝の快挙を成し遂げました。部員は8人(2年生3人、1年生5人)ですが、県下の強豪校を次々と下し、決勝戦では東海大学諏訪高校に善戦しました。勝因は「チームのまとまり」(部長談)です。

12月上旬の週末の学校の様子

12月上旬の週末の学校の様子です。
この日は、吹奏楽部、書道部、男女バスケットボール部、卓球部などが活動していました。女子バスケットボール部は今季新人戦の南信大会で準優勝しています。また、この日、県教委主催のオンライン探究イベントがあり、2年の「観光」をテーマとしたチームも活動していました。

ソフトテニス部が選抜県大会男子団体で準優勝!

本校ホームページ「最新ニュース」にもお伝えをしておりますが、12/8-10に松本市やまびこドームで開催されたソフトテニスの選抜県大会において、本校ソフトテニス部が男子団体で第2位、男子個人で木下・半崎ペアがベスト8となり、北信越大会出場を決めました。北信越大会は年明けに石川県小松市で開催されます。健闘を祈ります。

「秋の朗読会」

11月21日(火)放課後、図書館にて「秋の朗読会」が行われました。
元NHKアナウンサーで現在「軽井沢朗読館」館長の青木裕子さんに本校にきていただき、青木さんの朗読をお聞きしました。希望する生徒約20名が参加しました。またこの日は授業公開だったこともあり、保護者の方も数名参加されました。青木さんのプロの朗読を間近で聞くことができ、楽しくもたいへん貴重な機会となりました。
当日朗読した本は以下の通りです。
・旅する本 角田光代著「NHK国際放送が選んだ日本の名作1日10分のごほうび」より
・レモンの目 一穂ミチ著「黒猫を飼い始めた」より

「空手道部北信越大会出場!」

新人戦北信越大会に出場した風越高校空手道部は、女子団体形で5位入賞を果たしました。あと一歩で全国大会と健闘しました。応援ありがとうございました。同窓会の皆様、横断幕のご提供もありがとうございました。

生徒有志が大学生とともに竹林整備作業を行いました

11月18日(土)19日(日)に学校近くの竹林の整備作業を行いました。
昨年度、登校中の本校生徒が猿に襲われたことをきっかけに始まった学校周辺の竹林整備作業ですが、本年度は、NPO法人ivusa(イビューサ)の大学生とともに、2日間にわたって約20人の生徒たちが参加しました。生徒会役員、自主的に申し込んだ1,2年生、そしてソフトボール部の希望者です。作業中、いなだに竹Linksや地域の大人の皆さんとの話や、終了後の大学生との振り返りやから多くのことを学びました。

コーラスコンクール

10月26日(木)第72回コーラスコンクールを飯田文化会館で行いました。
3年生を除く1,2年の全てのクラスが、1ヶ月近く練習してきた成果をいかんなく発揮して、素晴らしく感動的なコンクールとなりました。すべての発表が素晴らしかったですが、その中で金賞は3クラス(最優秀賞2年5組、優秀賞2年1組、1年2組)でした。また、今年度は、本校卒業生で審査員としてご協力いただいた声楽家の井原芙美子さんの特別公演や、フォークソング部の発表もありコンクールがより華やかなものになりました。ご協力ありがとうございました。

ダンス部「高校生の光輝く姿を残そう!プロジェクト」参加

10月9日(月)ダンス部が、飯田青年会議所主催の「高校生の光輝く姿を残そう!プロジェクト」の公開収録(飯田文化会館)に出演しました。10月末のダンスコンテストに向けてこれまで自分たちで作り上げてきた演目を、途中成果として、この日精一杯表現しました。

風越登山マラソン大会参加協力

10月9日(月)(体育の日)小雨の中、第69回風越登山マラソン大会が行われました。風越高校からも山岳部が運営ボランティアとして、男女バスケットボール部が競技にそれぞれ参加しました。

秋季クラスマッチ

10月5日と6日、秋晴れの中、秋季クラスマッチが行われました。生徒たちは学年の別なく、仲良く真剣にスポーツを楽しみました。男子はサッカーと卓球、女子はバレーボールとバドミントンで行いました。バレーボールの決勝戦は応援にも特に熱が入り、とても盛り上がりました。

華道部が花の甲子園全国大会へ出場します。

9月23日(土)信毎メディアガーデンで行われた「Ikenobo花の甲子園2023北信越東大会で本校華道部が優勝しました。11月12日に京都市で行われる全国大会に出場します。
大会は、2年生3人1組のチームで参加しました。当日発表された15種類と持参した1種類の花を使い、制限時間30分で1人1作品ずつ生けたということです。作品の美しさやバランス、創意工夫などが審査され、校名に入っている「風」と「伝統」を結びつけ、風に乗せて受け継いだものを伝えていく様子を表現しました。
以下のホームページからご覧ください。
<Ikenobo花の甲子園2023ウエブページ>
https://www.ikenobo.jp/hana_no_koushien/news/2268/
<信毎web>全文を読むには会員登録が必要です。
https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2023092400042

高体連の新人戦が始まりました(ソフトテニス部の活躍)

高体連の新人戦が始まっています。
9月16日(土)17日(日)ソフトテニスの南信大会が伊那市営センターテニスコートで行われました。
飯田風越高校は団体戦で男子が第2位、女子がベスト8となりそろって県大会へ駒を進めました。また個人戦では男子の木下・半崎ペアが優勝、清水・太田ペアがベスト8、林・小澤ペア、下井・松村ペアがベスト16,女子では高間・田中ペアがベスト8と健闘しました。
                     <2023/9/21訂正あり>

中国・韓国の高校生との交流

7月下旬、中国の高校生及び韓国の高校生と交流する機会に恵まれました。
韓国の高校生受入れでは、華道部、茶道部、そして国際教養科の生徒を中心に、華道や茶道の体験や交流会が企画されました。新型コロナウイルス感染も収束に向かいつつあり、ようやく海外の高校生との交流も可能になってきています。
  ~生徒の感想~
「代表で挨拶をしてくれたシウさんの『私たちのこのような交流で日韓の仲が更に深まっていったら良いと思う』この言葉がとても印象的でした。確かに少人数の交流ではあるけれど、お互いの国に興味がある人達が集まって友達になれることで理解し合い良い関係にしていくことができるのではないかと感じました。」
「華道とは何かなどの説明をしました。うまく伝わったか不安でしたが、大丈夫そうでした。韓国の方は日本語が本当に上手でびっくりしました。私も韓国語を勉強していたので話してみようと試みましたがなかなかうまく話せませんでした。悔しかったです。」

進路学習室がさらに充実!

ご報告が遅くなりましたが、本年度同窓会からいただいた協力金のおかげで、進路学習室(自習室)にエアコンを設置することができました。普通教室を中心に設置が進められた県教委の事業では設置が難しい教室でしたのでたいへん助かりました。夏季休業前に設置が完了し、3年生を中心に、猛暑の中でも快適に学習に取り組むことができています。ありがとうございました。

8月10日(木) 吹奏楽部東海大会出場

8月6日(日)に長野市ホクト文化ホールで開催された長野県吹奏楽コンクールで本校吹奏楽部がB編成で1位となり金賞を受賞、東海大会へ出場することになりました。東海大会は8月27日(日)に静岡市民文化会館で開催されます。
今年度は、顧問の先生が変わるという環境の変化や昨年度東海大会出場というプレッシャーがある中での県大会金賞・東海大会出場ということで、喜びもひとしおでした。コンクールでは、有名な福島弘和先生が風越高校のために作曲してくださったオリジナル曲「風を越える」を演奏しました。模範となる演奏がない中で、顧問の先生とともに、自分たちで曲想を練り、話し合いを重ねながら演奏を創りあげてきたということです。東海大会ではこれまでの集大成として素晴らしい演奏をしてきてくれると思います。
同窓会より激励金をいただきました。ありがとうございました。

7月27日(木) 海外進学・留学講座「FUETSU Global Camp」

7月26日(水) 飯田駅前のムトスぷらざで、NPO法人留学フェローシップさんの留学キャラバン隊(海外大学で学ぶ大学生5人)に来てもらい、本校国際教養科の1年生を中心に、普段聞くことのできない海外大学での学びや生活について、講義、ワークショップ、ラジオ形式の質問コーナーなどを通して「楽しく、深く」学ぶことができました。(本事業は長野県教育委員会 県立高校「未来の学校」構築事業の一環として実施しています。

7月18日(火)

7月16日(日)に飯田市公民館主催のカンボジア・スタディツアー第7回研修会が飯田駅前結いスクエアのムトスぷらざで行われました。事前研修の最終回でした。これまで調べたことをグループごとに発表し、風越高校の生徒たちも積極的に発言していました。現地の学校で行う交流活動の打ち合わせやリハーサルも行いました。本校同窓会の橋本さんから、風越高校生徒会と同窓会がこれまで続けてきたカンボジア支援活動について説明を聞き、今年度集めた衣類や文房具を託されました。スタディツアーは7月26日に日本を発ち、8月1日に帰国予定です。

7月11日(火)

昨日(7月10日・月)行われた高校野球夏の選手権長野県大会で、本校野球部が初戦を突破しました。
  飯田風越 7−0 松本蟻ヶ崎(7回コールド)
試合会場の松本スタジアムに校歌が流れ、校旗が掲揚されました。 
  https://photos.app.goo.gl/YALMFXyRQghwsxFY8
今朝の信濃毎日新聞の朝刊にもピッチャーの近藤君と4番の高梨君がとりあげられていました。
次の試合は7月16日(日)12:00諏訪湖スタジアムです。

7月3日(月)

7月1日(土)と2日(日)に風越祭が開催されました。4年ぶりに入場制限のない一般公開となり、2日間で約2,000人の方々に来校いただきました。同窓会からは正副会長さんを中心に8人の方々にきていただき、校長室で1時間ほど懇談しました。風越祭へのご祝儀や7月にダンスの世界大会に出場する村澤依優さんへの激励金もいただきました。ありがとうございました。その後、茶道部のお茶席や展示発表など体験・見学いただきました。

6月28日(水)

本校国際教養科3年の村澤依優さんがダンスの世界大会へ出場します。
アメリカで最も古いダンスコンペティションと言われるShowstopper Dance Competition。飯田下伊那の高校生4人(伊那北高校、飯田高校(2人)、飯田風越高校)が3月に行われた国内大会のSenior Small Group部門(14-19歳)で準優勝。7月にカリフォルニア州アナハイムで開催される世界大会へ日本代表として出場します。

6月27日(火)

6月25日(日)飯田文化会館で吹奏楽部の第44回定期演奏会が開催されました。午後1時30分から4時過ぎまでの3部構成で、福島弘和先生が風越高校吹奏楽部のために作曲してくださった曲の初披露から、地元中学の吹奏楽部との共演、最後に観客の皆さんと一緒に小旅行を楽しむといった趣向まで、たっぷりと楽しく演奏を聴かせてもらいました。その中でも特に、3年生のひたむきで真剣な表情に感動しました。

 

2024年04月10日

校長通信

4月27日(土)

3月22日(金)

3月1日(金)

12月27日(水)

9月28日(木)

 

2024年03月25日

職員研修

令和6年2月20日(火) 学習評価とルーブリックに関する研修会

本年度最後の職員研修会は、学習評価とルーブリックに関する研修会を行いました。「未来の学校」事業が来年度までということで、先生方が研鑽を積む機会となりました。



令和5年11月30日(水) 「ドラマ教育」研修会

本校47期生でドラマティーチャーで活躍されている小林英樹さんをお招きし、講演いただきました。最後はグループに分かれ、カードに書かれたお題に基づいて体現を見せ合いました。みなさんは下の写真のそれぞれのお題の内容が分かりますか??


令和5年9月21日(木) 「探究の時間」について研修会

「総合的な探究の時間」について皇學館大学教授の岸川政之先生を講師にお招きして講演いただきました。


令和5年6月12日(月) 「スクールミッション」研修会

「期待される社会的役割(スクールミッション)」策定に向けて、本校が期待されることおよび課題点を見出す機会となりました。

 

令和3年12月16日(木)ロイロノート体験研修会

これまでの視察で訪問した学校で導入されていた「ロイロノート」の体験をする研修会を、株式会社LoiLoの鍵本氏を講師にお招きして実施しました。






令和3年10月20日(水)特別支援教育研修会

発達障害の理解と具体的な支援方法について、飯田養護学校教育相談専任の橋本幸江先生のお話をお聞きしました。

 

 

 


 

令和3年9月15日(水)進学指導研修会

ベネッセコーポレーション名古屋支社の鈴木陽憲氏より、「本校の模試結果の分析」と「昨今の傾向と今後に向けて」についてオンラインでお話をお聞きしました。

 

 

 


 

令和3年8月23日(月)~ オンライン授業のICT研修会

8月24日~のオンライン授業実施に向けて、放課後の時間を活用して職員研修会を行いました。

 

 

 


 

令和3年5月12日(水) Mirai研レポート発表

本校は令和2年度より、新たな学びを構築する「未来の学校」事業の実践校に指定されています。「Mirai研レポート第1号」の発表が行われました。会議はペーパーレスになり、写真のように各自がパソコンを持ち寄って行います。

 

 


 

令和3年4月21日(水) 国際バカロレアTOKワークショップ 受講報告

本校職員2名が、4/2~4にかけて上記ワークショップをオンラインで受講し、職員会議で報告しました。

 

 

 

 

2024年02月22日

創立120周年記念行事

 

長野県飯田風越高等学校 創立120周年記念行事
令和3年10月16日(土)開催
会場:飯田文化会館(在校生は本校)
 1 記念式典 9:30~10:10
 2 記念講演 10:30~11:30
  金田一秀穂氏 「心地よい日本語」
 3 コーラス部・吹奏楽部発表
  11:40~12:00
※祝賀会は新型コロナウイルスのため中止となりました。

2021年10月16日