ブログ一覧

ABN(長野朝日放送)の取材

9月14日(火)放課後、ABNニュースステーション「コレイマ」コーナーの取材がありました。2年生生徒会役員の3名が「SNSの光と闇」というテーマについて、堂々と自分のことばで語っていました。

放送は9月17日(金)18:15~だそうです。

 

オンライン授業スタート

8月30日(月)から9月10日(金)まで、1,2年生は1日おきに登校。登校しない日は双方向のオンライン授業を実施します。8月30日(月)は2年生がオンライン授業。トライ&エラーを大切に焦らず取り組んでいきます。

教科の特性を考慮し、ZOOM、Google meet、Google classroom、ロイロノート等を利用します。

 

オンライン授業のための研修会

8月26日(木)2学期がスタートしました。感染拡大の影響から8月30日より1,2年生は分散登校が始まります。登校しない日はオンライン授業を実施します。そのための職員研修。

双方向のオンライン授業を実施するために、様々なことを想定しながら研修を深めました。

 

生徒自らが行う学校整備

8月6日(金)生徒、保護者、先生方で「グランド草刈り」「体育館外廊下の清掃」を行いました。炎天下の作業でしたが協力して取り組むことができ、いい汗をかきました。。

平日の作業でしたが、多くのPTA保護者の皆様のご参加をいただき感謝申し上げます。

体育館外廊下は、鳥の糞などがあったのですが見違えるほど綺麗になりました。

 

体験入学の様子

7月31日(土)体験入学を実施しました。生徒、保護者、引率職員の参加合計が800人程だったため、午前、午後の分散開催で実施しました。

学校説明、生徒会の説明、体験授業、クラブ見学と感染予防に注意しながら実施しましたが、真剣な眼差しの中学生の姿が印象的でした。

各教室への映像配信はすべて生徒会の生徒たちが担当してくれました。頼もしい生徒たちです。

 

海外研修説明会(1学年)

7月28日(水)放課後、1学年の生徒・保護者に対して海外研修についての説明会を実施しました。オンラインと参集のハイブリッド方式で実施しましたが、50人程の参加がありました。今後、エントリーシートの作成、探究発表等の課題に取り組んで行きます。

 

1学期終業式及び壮行会

7月28日(水)1学期の終業式・壮行会を映像配信システム(エクステンダー)を利用して実施しました。

小金校長から「心」のお話をいただき、続いて壮行会を実施。吹奏楽部、ギターマンドリン部、水泳部から決意と感謝が述べられれました。日々努力してきた生徒たち、思う存分楽しんできてください。

 

iPad使用風景

1年生のiPad使用風景です。集中して取り組む姿が印象的です。

 

同窓会より激励(インターハイ出場)

7月27日(火)校長室で、インターハイ出場を決めた水泳部3年森 健太君に同窓会より激励がありました。北信越大会1500m自由形で優勝し、8月17日からアクアウイング開催される長野インターハイの出場権を得ました。水泳部員とともに練習に励んで来た森君。「地元開催のインターハイでもベストを尽くす」という力強い決意表明がありました。健闘を祈ります。

PTA役員へ感謝状贈呈

7月19日(月)1年間PTA会長、副会長としてご尽力された曲渕会長、渋谷副会長へ感謝状を贈呈しました。本来であれば総会で贈呈式が執り行われるはずでしたが、コロナ禍で総会が実施できず今回に至りました。様々な場面でご活躍いただき、本当にありがとうございました。

 

地域まるごとキャンパス

7月19日(月)放課後、ながの協働ねっと事務局田中様による「地域まるごとキャンパス」の説明会を開催しました。学校外の活動に進んで参加してみたいという多くの生徒の姿が印象的でした。

 

篠竹祭

7月2日~3日にかけて篠竹祭が行われました。コロナウィルス感染拡大防止のため、一般公開はせず、校内祭という形になり、様々な制限がかかる中ではありましたが、立派な篠竹祭を作り上げてくれました。生徒たちにも充実感があふれる良い表情が見られました。来年度は通常どおり開催できることを願っております。

 

北信越大会出場

県大会を勝ち上がり、アーチェリー、ソフトボール部、カヌーが北信越大会に出場します。健闘を祈ります。

 

プール開き

水泳部によるプール開きを実施しました。たくさん泳ぎ込み逞しく成長する部員たち。応援しています。

 

CAP研修(相談力向上)

5月19日 CAP(Child Assault Prevention)(子どもへの暴力防止)職員研修を実施しました。中間考査終了後の午後の時間に全日制、定時制合同の職員研修会です。様々な観点から人権を考えるプログラムで、あっという間の2時間でrした。

 

海外研修説明会

4月27日(木)海外研修1次候補者28名に対して説明会を実施しました。保護者、生徒に対して、ZOOMと参集による方法で開催しました。

 2018年に「JENESYS2018」(外務省事業)の全国3校のうちの1校として選出されたことをきっかけに、翌年から同窓会の支援のもと本校単独事業として継続してきています。今回もエントリーシートに多くの生徒が応募し、自分自身のことばで夢を語ってくれています。8月に2次選考を予定していますが、自分自身の学びを深めていってほしいと思います。

 

評価に係る職員研修

4月23日(金)令和4年度入学生から導入される観点別評価に係る職員研修を実施しました。多くの先生方が参加し熱心に研修する姿が印象的でした。

 

職員研修

4月16日(金)google classroom、ロイロノートの職員研修を行いました。本年度の1年生から、iPadを1人ひとりが購入し授業で活用することになっています。2,3年生は、学校のタブレット等を利用した授業が展開されていきます。

 

クラブ結成式

4月15日(木)クラブ結成式を開催しました。昨年は6月にずれ込んだクラブ結成式。「継続は力なり」毎日の活動が1年後、2年後の自分の宝物になっていきます。

 

学年の活動

4月15日(木)1年生はSNS利用に係る講演会(セーフティネット総合研究所 南澤信之先生)に続き、探究活動についてのZOOM講演会(信州大学 荒井英治郎先生)を開催しました。

 2年生は写真撮影に引き続き、探究活動について(マイナビ 原口理紗子先生)の講演会を開催しました。正解のない問いに対する自らの学びを深めていってほしいと思います。

 

入学式

4月6日(火)に入学式が行われました。

全日制240名、定時制10名の希望に満ちあふれた新入生の姿がありました。

 

校務支援システム研修会

3月18日(木)来年度から全県でスタートする校務支援システムの研修を実施しました。大きな変化に対して真剣な眼差しで研修する先生方の姿が印象的でした。

 

探究発表会

3月18日(木)探究発表会を実施しました。2年生はZOOMを利用した発表会、1年生は体育館で行いました。学年の予備発表会で選出されたメンバーによる発表会。自分の考えを、自分のことばで発表する姿、他者の考えを真剣に聞く姿、それぞれが相乗的に作用し、充実した発表会になりました。

 

卒業式

3月3日(水)令和2年度卒業証書授与式を挙行いたしました。新型コロナウィルス感染拡大防止のため様々な制限がかかる中での式でしたが、無事行うことが出来ました。

全日制238名、定時制11名がそれぞれの進路に向かって巣立ちました。

ご卒業おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

3年生を送る会

3月2日(火)3年生を送る会を実施しました。コロナ禍で在校生全員の参加は叶わなかったのですが、生徒会役員の運営で心温まる会になりました。3年生担任のメッセージの後、サプライズの太鼓演奏。想いのこもった太鼓の響き、3年生へのエールになったと思います。いよいよ明日は卒業式です。

 

インターハイポスター表彰

3月2日(火)校長室で、ポスター表彰式を行いました。最優秀賞が森山莉那さん(水泳競技)、前田春奈さん(柔道競技)、佳作が長崎真璃亜さん(柔道競技)です。夏に実施される長野インターハイでポスターを目にすることも増えると思います。競技の特徴を捉えた力作です。

 

JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト表彰

2月26日(金)校長室にJICAから木島さんにお越しいただき、平林桜羽(1-2)さんが表彰を受けました。また「特別学校賞」もいただきました。自分の経験を上手に表現したエッセイで、「この表彰を自信に今後も努力していきたい」という平林さんの感想が印象的でした。

 

大学説明会を開催しました。

2年生の希望者を対象に、信州大学(2月8日)と長野県立大学(2月15日)の大学説明会を開催しました。3年生の0学期といわれる2年生のこの時期に、それぞれの大学から講師をお迎えし、貴重なお話を聴くことができました。

 

ボストンスタディツアー「中間発表会」

2月2日(火)ボストン研修の中間発表がオンラインで行われました。発表はすべて英語です。スライドもすべて英語です。発表したチームは、上田高校2チーム、篠ノ井高校1チームでした。本校生徒のテーマは、“Self-sufficient Electric Supply System”。災害時における電力供給不足に注目し、バイオガス発電・小水力発電を導入することにより、コミュニティーのレジリエンスや共同体意識が高まるという内容でした。
バイオガス発電には、地元の特産品であるリンゴ等の廃棄物を、小水力発電は近隣の千曲市姨捨の棚田の標高差を、それぞれ有効利用したシステムの構築を提案しました。
 上田高校の2チームの生徒達とお互いの発表の感想を述べ、改善すべき点を指摘し合い、中身の濃い中間発表でした。本番のハーバード大学の先生方向けの発表の予行演習となり、課題が明らかになりました。

「こんにちは県議会です」に参加しました。

1月25日(月)放課後、「こんにちは県議会です」がオンラインで開催され、2年生猿田さん、加藤さん、神宮寺君の3名が参加しました。Webexというオンラインツールでの開催でしたが、他校の生徒や県議会議員さんとの交流ができました。選挙について自分の考えを述べながら議員さん達に堂々と質問する姿が印象的でした。議員さんの感想には、「高校生の発信力に驚かされた。」等があり貴重な経験ができたと思います。

 

探究の時間の様子

11月19日、毎週木曜日に行われている探究の授業ですが、各学年工夫しながら取り組んでいます。

 1年生は、八十二文化財団から、宮下健司先生をお迎えして、「千曲川」をテーマに講演していただきました。本日はその2回目で、千曲川の災害についてがテーマ。松代周辺の千曲川は、江戸時代に現在の場所に移動した等、貴重なお話を聞くことができました。、

 3年生は、教科を中心にテーマ別に分かれて授業を行っていますが、「SDGs海外ボランティア研修」講座は、本日が発表会。発表も資料も英語だけで発表する生徒や、高校生の自己肯定感の低さについて自分の切り口で発表する生徒の姿に感動しました。

 

小春日和(学校の一コマ)

長野広域圏が感染レベル4になり、今まで以上に感染予防が重要になっています。中庭で自然観察をしながら授業をしている講座もあります。養護の先生によって飾られた花に心を癒されます。

 

南長野ブロック人権教育研修会

 11月10日(火)南長野ブロック人権教育研修会を実施しました。例年であれば小中高の先生方で研修する会ですが、コロナ禍でそれぞれの校種での開催となり、近隣の高校から参観にお越しいただきました。

 「多文化共生」をテーマに、長野県のCIR(国際交流員)3名をお招きし、講演会、分科会を実施しました。韓国、中国、アメリカのCIRから、来日して普段から感じていること等の講演をしていただきました。分科会では、生徒実行委員による発表があり、ZOOMを利用し、各クラスと発表者を結んだ双方向の意見交流がありました。言葉の壁を乗り越え、相手の立場に寄り添いながら共存していくこと、日本に来て生活してみると文化の違いも多く戸惑う場面があるが優しい目で見守ってほしい等、現実社会と直結した内容で、今後の多文化共生の参考になったのではないでしょうか。

 

CIRと生徒実行委員

 

生徒実行委員による配信教室の様子

2学年探究中間発表会を実施しました

10月29日(木)2学年の探究中間発表会を実施しました。沖縄がテーマで、クラスの垣根を越えてグループを作り探究してきました。今回は中間発表会。他者から学び、次へのステップになったのではないでしょうか。

 

ロイロノート職員研修

10月26日(月)ロイロノート職員研修会を実施しました。教師役と生徒役に分かれて実践的な内容で、GIGAスクールサポーターの支援のもとに理解を深めました。

 

百周年実行委員会設立及びPTA役員感謝状贈呈

10月20日(火)同窓会、PTA、定時制教育振興会、学校の4者による創立100周年記念事業実行委員会の設立総会を実施しました。令和5年11月11日に100周年記念式典を予定し、役員、会則、予算、募金活動等について承認されました。

総会終了後に、前PTA会長の西澤様と副会長の中澤様の感謝状贈呈式を行いました。コロナ禍のためPTA総会が開催できず、今回贈呈式を実施しましたが、本当にお世話になりました。

 

生徒の活躍

10月19日(月)長野市が、地球温暖化を考えるために開いた意見交換会に3年生草間君が参加し、プレゼンしました。その様子が、NHKの夕方の番組で紹介されていました。全校にアンケートを取り、発表資料をまとめていた草間君。自らデータをとり、分析して発表する、この経験は探究活動そのもの、貴重な経験になったと思います。

ロイロノート職員研修会

10月12日(月)ロイロノート職員研修を実施しました。google classroomと連携し、様々な利用ができそうです。

 

1学年探究フィールドワーク

10月8日(木)1学年の探究授業に関わるフィールドワークに行ってきました。生憎の空模様でしたが、千曲川の上流から飯山までのコース(飯山方面、小布施・野尻湖方面、小諸・野辺山方面)に分かれ、それぞれの地域を体感してきました。

飯山街歩きガイドの方からは、昔、飯山には飯山港があって小諸まで続く水運で栄えていたことや、ラフティングを通して千曲川の流れの強さを感じたり、昨年の台風の爪痕を水面から見たり、場所によって工事が進んでいない現状に驚くなど多くの刺激を受けてきました。

 

google classroom職員研修を実施しました

10月7日(水)GIGAスクールサポーターによるgoogle classroomの研修会を実施しました。教師役、生徒役に分かれての研修で、より実践的な内容でした。

 

2学年探究学習

10月5日(月)終日、JAグリーンパレス、学校で、長野県NPOセンターの方々による「SDGsカードゲーム」を実施しました。「地域創生」「世界の問題」を考える取り組みで、課題解決するために協働して活動しました。「突然世の中が変わることはない。こつこつと取り組む活動が、世の中を変える」という担当者の発言が印象的でした。歓声が上がるなど活気ある取り組みになりました。

 

1学年の探究の授業

10月1日(木)1学年の探究の授業で、長野市公共施設マネジメント推進課の方を中心に、長野市の「篠ノ井子ども広場」「南部図書館」「南長野運動公園」の施設利用の状況について、ZOOMを用いた協働学習を行いました。

施設の具体的な利用について、質問するなど、地域を考える探究授業で、施設に関わる担当者の話が直接聞けるのはいい経験だったのではないでしょうか。

 

google classroom 職員研修会を実施しました

9月23日(水)google classroomの職員研修会を実施しました。GIGAスクールサポーターによる説明を聞きながら実践しました。休校に限らず、日常的な利用を模索中です。

 

写真部生徒の表彰

9月15日(火)校長室で、写真部の生徒2名が「文化連盟賞」を校長先生から授与されました。

第44回全国高等学校総合文化祭に出品し、見事受賞です。本来ならば高知県で実施されるはずだった総文祭。コロナ禍の影響が随所に見られますが、笑顔で賞状を手にする生徒が印象的でした。

 

しのフェス(文化祭代替行事)開催しました

9月9日(水)10日(木)2日間、生徒会によるしのフェスを開催しました。クラスマッチ、後夜祭と途中雨に降られることもありましたが、無事終了しました。コロナ禍で、文化祭が中止になり、その代替行事として、生徒会執行部を中心に計画され、例年とは違う形で、様々な困難を克服しての開催。生徒自らが作成する生徒会HPをご覧ください。

 

縁の下の力持ち

9月5日(土)生徒会とソフトボール部の生徒たちが、9月9日~9月10日の2日間で実施される「しのフェス」(文化祭中止に伴う代替行事)のために、校庭の草取りと地域の方々への挨拶回りに行ってきました。炎天下でしたが、60名を超える生徒、職員で準備を進めました。

全校のために、黙々と作業する生徒たち、素晴らしいです。

地域への挨拶が終わり、生徒会顧問と笑顔で握手。

ホームページの閲覧について

メンテナンスのため令和2年9月3日(木)0時から9月7日(月)17時の間は、
ホームページに繋がりにくい可能性がありますのでご承知ください。また、令和2
年9月7日(月)12時から13時の間は、ホームページの閲覧が出来ませんので、ご注意ください。

生徒自らが行う学校整備事業

8月10日(月)休日でしたが、生徒、保護者合わせて50名ほど参加いただき、廊下にあるロッカー裏の清掃と、グランド周りの草刈りを行いました。曲渕PTA会長をはじめ多くの保護者の方や生徒会役員の生徒たちの活躍で、あっという間にきれいになりました。ありがとうございました。

 

オンライン生徒総会

6月18日(木)オンラインで生徒総会を実施しました。新任職員紹介後、生徒総会。その様子を篠ノ井有線放送の方に取材していただきました。放送日は7月3日(金)19:40、7月4日(土)6:40(再放送)です。同窓会、PTAの支援で導入したWi-Fi 環境が大活躍です。

 

6月15日県ガイドラインの改訂について

                                     令和2年6月15日
生徒・保護者の皆さま

        コロナ対応に係る長野県教委のガイドラインの改訂について(お知らせ)
                                      篠ノ井高等学校長 

 日頃より本校の教育活動にご理解とご協力を賜り心より感謝申し上げます。
 さて、6月1日からの学校生活についての県教委ガイドラインは、文科省が示した「レベル2」の対応に準拠したものでしたが、今回の改訂により「レベル1」の対応という事になりました。主な変更点は次のようになります。
1 熱中症回避のために教卓前のビニールシート設置やフェイスシールドの使用はしない。
2 校内ではマスク着用を基本とするが、熱中症対策等のためマスクを外すことも可能。(ただし、会話をするときにはマスク着用)
3 クラブ活動について、6月27日(土)以降は対外試合が可能。


上記1~3について、本校では今後、以下の通りの対応とします。
1については、熱中症対策のため既に取り組んでいます。(職員が生徒の皆さんと接近した指導が必要な場合においては、飛沫が飛ばない工夫をします。)
2については、記載の通りとしますが、職員についても同様の対応にします。
3については、各クラブの顧問の先生方の指示を受けてください。

また、各授業では、「三密」を避ける方策を実施しながら、基本的には通常の授業で行う活動を順次実施していくようになります。

<特に注意して行動するようにお願いしたい点>
(1) 授業時間以外の休み時間や放課後においても、他の人達(友人であっても)との社会的距離が保てるように努力してください。
(2) 特に昼食の際には広い空間でも対面とならないように、また他の人達(友人であっても)社会的距離が保てるように努力してください。
(3) 公共交通機関の利用の際には、マスクを着用し、友人同士であってもできる限り会話を控え、空いている車両等への乗車等を配慮するようにしてください。

<その他>
(1) 不安な点や疑問などがありましたら、学校までご連絡ください。
(2) 引き続きオクレンジャーによる健康観察への回答をお願いいたします。

県内生徒会交流会&北陸新幹線サミット

 6月13日(土)県内生徒会交流会と北陸新幹線サミットがそれぞれリモートで行われました。

 生徒会交流会は県内約40校140名を超える生徒の参加。各校コロナ対策で行事をどんな風に実施しているか等、各校の状況や悩みを交流しました。

 北陸新幹線サミットは県内外の高校生50名を超える参加。全体会の後、3分科会に分かれ、お昼を挟んで研究発表等交流を深めました。それぞれ堂々と発言する生徒の姿が印象的でした。

 生徒の「当たり前のことを当たり前と思うのではなく見直す姿勢が大切」という感想と、講師の先生の「高校生はアイデアに溢れている」という感想が心に残りました。

 

 

クラブ結成式

例年4月に実施していたクラブ結成式。一年生もだんだん篠高生らしくなっていきます。

 

 

ハローキャリア・ガイド2020に生徒が紹介されています




全県の高校2,3年生に配布された「ハローキャリア・ガイド2020」に3年生草間君の活躍が掲載されました。

 

ユースリーチなどNPOセンターの活動に取り組み、「1つの枠に囚われずに高校生や大学生が活動する場」で自ら積極的に活躍することは、何にも代え難い貴重な宝物になります。(チーム未来のMikataプロジェクトよりHP掲載の許可を得ました)

プール開き

6月5日(金)放課後、水泳部員と職員でプール開きを行いました。

気持ちが良さそうです。

 

北陸新幹線サミットZOOM接続テスト

6月13日(土)に開催される北陸新幹線サミットに向けて、本番さながらに県内外の高校生がリモートで繋がりました。県外からは、石川、新潟、東京、茨城の高校生、県内は、上田、上田染谷丘、長野、長野西、屋代、松本県ヶ丘、松本深志、伊那北が参加し、本校は3名の生徒が参加しました。

リモートで多くの高校生が交流することで、新たな発見、新たな出会いがある今回の取り組み。わくわくします。

 

授業から拡がる

2年生コミュニケーション英語で取り組んだSchool SDGs。グループごとのプレゼン発表の一つに「ペットボトルのキャップを集めて世界の子供にワクチンを送る」というものがあり、その発表が生徒会執行部に拡がり、5月29日(金)小諸にあるベストプラ株式会社にキャップを届けました。生徒の発想、行動力は無限です。

 

分散登校による授業開始

5月25日(月)から学年ごと午前午後に分かれた分散登校による授業がスタートしました。

3密に配慮した市松模様の座席です。

 

ZOOMによるSHR

ZOOMによるSHR。離れた場所にいる生徒がオンラインで繋がる様子は、なかなか新鮮です。生徒の笑顔が印象的でした。

一歩一歩!

第2回ZOOMによる職員会議。終了後はロイロノート研修会。午後は各種会議後、ZOOM研修会。

ロイロノート研修


ZOOM研修

分散登校について2

5月18日(月)からの分散登校について

<登校して行う学びの内容について>
 ① 課題の提出
 ② 今後の課題について
 ③ ZOOM等、遠隔授業について

<通学について>
 ① 通勤時間を避けるなど通学時間に配慮しました。
 ② 近隣高校間で、利用電車の時刻調整をしました。
 ③ 4,5月において、長野市近郊で自転車事故が急増しているため、自転車通学者は十分注意してください。
 ④ 登下校の際は、周囲との間隔に十分配慮してください。
 ⑤ 近隣住民に配慮した登下校を心掛けてください。

<感染リスクへの不安について>
 ① 感染リスクに不安を感じる生徒は登校しなくてもかまいません。(欠席として扱いません)
 ② 不安や心配がある場合は、学校に連絡・相談してください。
 ③ 常に免疫力が下がらないように十分な睡眠、食事をとり、少しでも体調に不安を感じた場合は登校せず、ゆっくり休養してください。

<教室や学校生活について>
 ① 登校時に健康観察を実施します。
 ② 常時換気を行います。
 ③ 3密を避け、学年ごとに午前午後に分けた分散登校を行います。
 ④ 市松模様による座席配置を実施します。
 ⑤ アルコール消毒液を校内に設置します。
 ⑥ 登校しない日もオクレンジャーによる健康観察を実施します。

分散登校について1

5月18日(月)から5月22日(金)、3密を避けるために、学年ごとに午前午後に分けた分散登校を行います。

<分散登校初日の日時について>
 1学年:5月19日(火) 9時から 名簿番号奇数の生徒
             13時から 名簿番号偶数の生徒
2学年:5月22日(金) 9時から 名簿番号前半の生徒
             13時から 名簿番号後半の生徒
 3学年:5月18日(月) 9時から 名簿番号前半の生徒
             13時から 名簿番号後半の生徒
<持ち物について>
 学年ごと、改めて連絡します。

<保健厚生係からの連絡>
1 健康チェックカードを担任に提出する。(今までの分)
  特に、登校日の朝の健康観察も記入し、体温はSHRで担任に伝える。
2 登校したら教室に入る前に水道でしっかり手洗いをする。(手拭きタオル持参)
3 校内ではマスクを着用する。
4 学校で水分補給できるように準備をしてくる。(気温が高くなってきているので)
5 登校日の保護者の連絡先を確認しておく
  ※久しぶりの登校なので、学校で体調が悪くなった場合は、早めに保健室に連絡してください。保護者の迎えをお願いする場合があります。 

ZOOM職員会議

手探りですが、”何ができるのか”、”生徒と繋がる”を基本に模索中です。

まずはZOOMに慣れよう、ということで職員会議をZOOMで行いました。昨年度末、同窓会・PTAの支援で、北校舎に自前のWi-Fi 環境が整い、これによって様々のことにチャレンジできます。

 

一斉休業延長

5月6日(水)までの一斉休業が、5月10日(日)まで延長になりました。

不安も多いと思いますが、1日1日を大切に学習を進めてください。

 

校内ZOOM研修

休業が継続する中、様々な可能性を模索中です。

本日はZOOMを利用した研修会を実施しました。

 

休業のお知らせ

4月10日(金)から4月26日(日)まで、コロナウイルス感染拡大防止のため休業になります。

今後の連絡はHPあるいはオクレンジャーでお知らせします。

令和2年度入学式

4月4日(土)入学式を開催しました。全日制242名、定時制11名の新入生が小金校長から入学を許可されました。

 

マレーシアからの留学生アディバが帰国します。

8月29日から一緒に生活したムハマド・アリ・アディバが、約半年間の篠ノ井高校での生活を終え、3月8日、マレーシアに帰国します。新型コロナウィルスの影響で、全校生徒との対面がないままの帰国となりますが、最後に修了式を行いました。
マレーシアとは異なる文化、生活で大変なことも多かったと思いますが、アディバは、いつも明るい笑顔で私達に接してくれました。日本語の上達も速く、後半はすっかり「篠高生」でした。マレーシアに帰っても、この縁はずっと続くと思います。

令和元年度卒業式

 3月1日、卒業証書授与式が行われました。コロナウィルスによる新型肺炎感染防止のため、来賓、保護者、在校生(役割のある生徒は除く)の参加がない卒業式となりましたが、参列できなかった方も含め、皆の祝福する気持ちに包まれて、3年生は篠ノ井高校を巣立って行きました。

 (参列できなかったPTA会長からいただいた祝辞はこちら

英語の授業で課題解決に向けたプレゼンをしました。

2年生は、英語の授業で課題解決に向け自分達にできることを考えてきました。今週は、全クラスが、SDGs(持続可能な開発目標)のテーマに沿って、3~4人のグループ単位で課題解決に向けた提案を英語で行いました。

課題中間発表会

1月10日(金)、1、2年生合同の課題研究発表会を行いました。1年生は、「信州学」として、小布施のフィールドワークの経験から、篠ノ井地区について考えたことを発表。2年生は、東京や福島など県外各地に分かれて参加したフィールドワークの経験と沖縄修学旅行について発表しました。また、長野県高校生「私のプロジェクト」発表大会等に参加した生徒の発表も行われ、問題意識をもって探究している仲間から刺激を受けました。

しなの鉄道不通区間の対応について

 しなの鉄道の不通区間(上田駅~田中駅)に対する県の対応が下記の通り決定しました。

 <決定事項>「しなの鉄道線の不通区間(上田駅~田中駅)の代替輸送等に関する今後の対応については、10月21日(月)に発表する予定です。」

 なお、この決定に従い、学校としても精一杯対応していきますので、不通区間の生徒のご家庭にはご不便をおかけしますが、いましばらくお待ちください。

台風19号に対する対応について

台風19号で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

篠ノ井高校全日制では、10月15日は5限目以降の授業をカットしました。

10月16日からは通常日課を行っています。

JICEのHPに篠高生の記事が掲載されました。

8月23日(金)、2学年スタディーツアーで、36名が「異文化理解・国際理解コース』に参加し、日本国際協力センター(JICE)を訪問しました。訪問生徒のうち、JENESYS2018 でマレーシア派遣された4名が、アクションプランの報告をセンターで行い、その時の様子が記事になり、JICEのHPに掲載されました。

 

 記事はこちら

6月15日(土)「長野高専留学生との交流会」の打ち合わせが行われました。

7月7日(日)の文化祭に行われる「長野高専留学生との交流会」の打ち合わせが行われました。高専からは、マレーシア留学生の4人と渡辺昌俊教授、本校からはマレーシア派遣チームの6名及び顧問、合計12名で話し合いが行われました。パフォーマンスの内容、プレゼンの内容と方法、話し合いのテーマ等について活発な話し合いが行われました。

PTA総会を開催しました。

5月25日(土)PTA総会が開催されました。授業見学、海外研修報告、総会と多くの保護者にご参加いただきました。海外研修報告では、全校生徒、保護者を前に堂々とプレゼンする生徒の姿が印象的でした。役員の引き継ぎもなされ新たなスタートを切ります。様々な場面で支えられているPTA活動に対し、改めて感謝申し上げます。

PTA総会1

保護者、全校生徒を前に将来の夢を語る生徒

PTA総会2

研修から夢が拡がります。