学校長挨拶


長野県篠ノ井高等学校
校 長  小金 典子





ご挨拶

長野県篠ノ井高等学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

 本年度、本校第33代校長として赴任いたしました、小金典子です。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 篠ノ井高等学校は、大正11年10月に開校し、令和4年には100周年を迎える歴史の深い学校です。昭和23年男女共学新制高校となった時に制定された校章は、竹の持つ優れた特性を図案化したものであり、篠高の学舎に群がる「篠竹」のように気品にあふれ、柔軟で、しかも何ものにも負けない強さを持つ若者を表すものですが、それは一貫して今の篠高生徒にも通ずる姿といえます。

 さて、今年度から県立高校はすべて各校の「3つの方針」を掲げています。本校の方針はこちらを見ていただきたいのですが、生徒育成方針には、学校の源となる目指す生徒像が掲げられています。
本校全日制は、「自分の言葉で志を語り、夢を形にする生徒」がテーマです。志を語るためには、それを設計し発信する力、夢を形にするためには、具体的な技能と行動力が必要となります。時代が求める主体的対話的で深い学びがまさに直結します。
本校定時制は、「自分らしくいられるために」がテーマです。自分は何者なのかを探り、他者とのコミュニケーションを通して、社会で協働できる底力を育てます。総合的探究の時間では、協働のための活動を中心に据えます。

 このテーマのもと、約750名の生徒が明るく元気に学業に励み、部活動や生徒会活動、学校行事等に意欲的に取り組み、自らの夢や目標の実現のために弛まず努力を続けています。落ち着いた生活態度と何事にも前向きな真摯な姿勢は、地域社会の皆様からの評価も高く、誇りに思うところです。これからもその期待に応えるべく、魅力ある学校づくりに、ご家庭や地域と連携をして、取り組んでまいります。

保護者の皆様、同窓会の皆様、地域の皆様、そして本校に興味関心を寄せていただく中学生の皆さん、本校は、先人の方々が築かれたすばらしい伝統・校風を継承し発展させ、教育目標の達成に努めてまいります。今後とも、ご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

校長室よりお知らせ(3市町教育委員会からのお願い)

「旧第4通学区の高校の将来像を考える地域の協議会」が意見・提案書を作成いたしましたので、ご覧いただきご意見をお寄せください。ご意見は添付した意見シートを利用して、指定された教育委員会事務局まで郵送、メールまたはFAXで送付していただくか、直接ご持参ください。
期日:令和3年6月 21 日(月)~7月 20 日(火)

(1)①「旧第4通学区(長野市南部、千曲市、坂城町)高校の将来像についての意見・提案書(案)」
への意見募集について(鑑) (PDF ファイル)

(2)②旧第4通学区の高校の将来像について意見・提案書(案)(PDF ファイル)
(3)③意見シート(Excel ファイル)

  • 過去の学校長ブログサイト

    篠ノ井高校の魅力をさらに皆様にお伝えするために学校長ブログを開設しています。校長からみた本校の魅力や、日々の活動の様子をご覧ください。