分校教頭倉石仁志が、自らの視点で分校生活を切り取ります!

Hitoshi's Eyes

No.18 そばざる(2020.7.3)

総合の時間で制作していた、そばざるが完成した。

一つひとつ、違う味がある

本物は、ずっしりと重く、頑丈で美しい。

(九頭龍祭で展示予定)

No.17 発芽(2020.7.2)

先週、蒔いた蕎麦が発芽した。

このあと、収穫から製粉そして蕎麦打ちまで。

蕎麦とともに学んでいく。

No.16 伝統(2020.6.30)

宝光社分校と戸隠分校の歴史が刻まれている場所。

そこに花が添えられている。

伝統が誇りと力となる。

No.15 実り(2020.6.29)

学校の隣接した農場での授業。

丹精込めて育てている。

豊かな実りが期待できる。

No.14 多才(2020.6.25)

1年生が加わった、軽音部の活動。

すでに聞き応えのある演奏。

いくつもの体験的な学びが個性を伸ばす。

No.13 感謝(2020.6.23)

地元の企業様から、そば粉を提供して頂いた。

いつも有り難い。

地元のためにも、そば部の活躍を祈りたい。

No.12 転入生(2020.6.22)

1年生の教室のシェフレラに、「南島しふれ」という名前がついている。

名前がつくと親近感がわく。

同じ命を持つものとして。

No.11 伝わる(2020.6.19)

玄関付近にある「人と人の間の距離2m」を示す掲示。

意外と離れている。

工夫ひとつで伝わるものだ。

Hitoshi's Eyes No.1-10

No.10 炎色反応(2020.6.16)

化学で炎色反応の授業

電子黒板とプリントを駆使し、実験につなげる。

熱い授業に生徒が引き込まれていく。

No.9 始動(2020.6.15)

生徒会の執行部会が本格的に始まった。

困難な状況のなかでも、夢と希望を持って。

学校の原動力だ。

No.8 つなぐ(2020.6.12)

雨、体育はソフトバレーの授業。

一生懸命にボールをつないで、気持ちもつなぐ。

とても楽しそうだ。

No.7 晴耕雨読(2020.6.9)

総合的な学習・探究の時間、学校に隣接する農場での作業。

手を休めることなく、黙々と作業を続ける。

日差しは強いが、風は爽やか。

No.6 花の力(2020.6.5)

文化部による、プランターへの花の移植作業。

毎朝、玄関先で美しい花を眺めることができる。

心が豊かになる。

No.5 心の学び(2020.6.4)

整然としている、「そば部」の活動場所。

道具類が、丁寧に使い込まれている。

心が整う。

No.4 願い(2020.6.2)

生徒が下校した後、机一つひとつ、丁寧に消毒して拭き上げます。

生徒の安心、安全、

願いを込めて。

No.3 緑のグラウンド(2020.5.29)

6月1日からの本格的な登校に備えて、グラウンドを整備しました。
青空のもと、緑のグラウンドが美しく映えます。
生徒たちの歓声を待っています。

No.2 素晴らしい眺望(2020.5.27)

今日は2年生の登校日です。
数学Ⅰと国語総合、日本史Bの授業に、意欲的に取り組んでいました。
その教室からは眼前に迫る戸隠連山に加えて、北アルプスの山々を眺めることができます。
日本一の眺望と言っても過言ではないでしょう。

No.1 新緑のなか、授業再開(2020.5.25)

感染症予防策をとりながら、授業が再開しました。
美しい新緑に囲まれた落ち着いた教室で、久しぶりの授業に熱心に取り組んでいます。