教育目標

1. 教育目標
 ① 少人数教育の特性を生かし、生徒一人一人にきめ細やかな指導をする。
 ② 生徒個々の自己実現をはかり、社会に適応できる生徒の育成につとめる。
 ③ 地域に根ざした学校として、地域貢献活動に積極的参加するなど、開かれた学校づくりをめざす。

2. 重点目標
 ① 挨拶・身だしなみなど、基本的生活習慣を確立し、学習・進路への自覚と意欲を高める支援・指導
 ② 個々のニーズに応じた特別支援や「力を伸ばす」生徒指導の充実
 ③ 学校行事やHR・生徒会・クラブ活動等を通じた自主性・協調性の育成
 ④ 命と人権を大事にし、いじめや体罰のない学校生活を通じてともに生きる心の育成や社会規範意識を高揚させる生徒指導を行う

3. 地域連携 地域連携
 文科省の「総合的な学習・探究の時間」の位置付けの「自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え主体的に判断しよりよく問題を解決する資質や能力を育成する」(以下省略)
 この項目に従い、地域と学校との連携交流をはかりながら生徒自らが目的意識を持ち、地域の特性を理解し自己有用感・達成感を味わいながら社会性を培うことを目的とする講座を開催することを趣旨とする。開講講座展開については毎年試行錯誤しながら現在に至っている。