下高井農林高校のホームページへようこそ

長野県下高井農林高等学校長

久根 敏

本校は、長野県の北部、高井富士と呼ばれる高社山とブナ林の広がるカヤの平高原から流れ出る清らかな水と肥沃な大地に恵まれた木島平に位置しています。明治39年(1906年)に下高井郡立乙種農林学校として創立され、本年度で115年を迎える伝統と歴史のある学校です。10,000人を超える卒業生の多くは、この地域の農業分野をはじめ、各方面の中核として活躍されています。創立以来、自然および農業を柱とした教育を脈々と受け継ぎ、時代の要請に応えながら学科改編を重ね、現在はアグリサービス・グリーンデザインの2学科8コース制の多様な学びを展開しています。

学校教育においては、知識を活用して自ら課題を発見し、解決する力が重視され、学習方法として生徒が主体的かつ互いに協力して学ぶことが求められています。農業高校では、従来から課題研究の授業や農業クラブ活動を行っており、本校においても、今までの活動の積み重ねの上に、地域が抱える新たな課題を研究課題として、地域に根差した学習活動をおこなっています。その中でも、本校が行っているキャリア教育や地域と連携した数多くの取組は、地域の方々から大きな評価をいただいています。最近では、近隣市村のご支援をいただきながら、「百姓塾」、「のうりん食堂」や「野沢菜おやきパン」等の地域活性化への貢献や「小沼ほうき」の技術伝承等の新たな取り組みも始めています。また、学校生活においても農業クラブや部活動での活躍、専門高校ならではの多様な資格取得など、多くの生徒が様々な場面で積極的にチャレンジしています。

「農林」で学ぶ生徒が、食と農や自然から学ぶことに自覚と誇りをもち、「地域に学び地域を創る楽しさと喜びを感じること」、また「北信州の未来のために活躍してくれること」を願っています。そのため、私たち職員は、一丸となって生徒一人ひとりを丁寧に指導・支援するよう努力してまいります。今後とも、本校の教育の充実と地域とともに歩む未来の学校づくりのため、ご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

校訓

平和的な国家・社会の形成者として、真理と正義を愛し、個性豊かな自主的精神に満ちた生徒の資質を養う。また、教育基本法、学校教育法に則り、高等学校の目標を達成するため、地域社会の学校としての性格を基礎として、次のように教育目標を定める。

1.真理を探究し、創造の精神をつちかう

2.礼節を重んじ、自他の敬愛をはかる。

3.社会の形成者としての責任を自覚し、必要な資質を養う。

4.職業を尊び、勤労の精神を養う。

5.健康に心がけ、明朗闊達の気風を高める。

グランドデザイン

地域連携拠点校として地域に活力を与える

チーム農林で生徒一人ひとりの学びを支える

 

自分を知る

1基礎学力

・資格取得
 農業系
 英検
 数検
 漢検etc

 

相手を知る

2人間力

・礼儀やマナー教育
・農業を通した地域との関わり
・キャリア教育

 

力をあわせる

3解決力

・生徒会活動・クラブ活動
・各コースでの研究
・普及

グランドデザイン 詳細はこちらから

3つの方針

1 生徒育成方針

~このような力を伸ばします~

本校は、地域連携拠点校として北信州の未来を支える人を育て、地域や上級学校に送り出します。そのために、以下の力を身に付けます。

・学び直しや各種資格取得に挑戦する中で、基礎学力を!

・地域連携や伝統産業の技術の伝承に取り組む中で、礼儀・マナー・人間力を!

・生徒会・クラブ活動や各コースでの研究等に取り組む中で、課題解決力を!

2 教育課程編成・実施方針

~このような学びをします~

職員・家庭・地域が一体となって生徒を支え、以下のような教育を提供します。

・80人を3クラスに分け、少人数できめ細やかな指導を実施します。→基礎学力の保障、個に即した丁寧な指導を実現

・地域連携や課題研究に主体的に励み、将来の目標の実現に結びつく学びを展開します。→地域のニーズを知り、自分にあった地域貢献の方法を確認し、希望する進路を決定

・働くことの意義や喜びを実感し、地域を支えるチーム力を身につけるための学習を展開します。→実学を通してこれからの時代を生き抜くために必要な課題解決力を習得し、進路を実現

3 生徒募集方針

~このような皆さんを待っています~

農業、食物、環境などについて興味・関心があり、生徒会や部活動において意欲的に活動し、入学後も学業との両立を目指す人を待っています。地域をフィールドに、情熱をもって夢を実現すべく前進する、以下のような人の入学を待っています。

・授業や資格取得等に全力で取り組み、基礎から探究力を身につけたい。

・家畜の飼育や活用、農作物の栽培や技術の普及、森林の活用や保全と地域防災等について前向きに取り組み、全力で地域の発展を支えたい。

・食品開発や普及、地域資源の活用、地域の伝統産業に関する技術の伝承等について積極的に地域と協働し、関連産業の発展に貢献したい。

3つの方針 詳細はこちらから