学校紹介

沿革

平成25(2013)年4月現在


明治
1874 上田町旧館に第16中学区予科学校設立。
1878 師岡政挙の首唱により、上田町立上田変則中学校を設立し、仮校舎を上田町字鍛冶町月窓寺内に設ける。
1882 長野県最初の準則中学校の嚆矢(こうし)であった、郡立小県中学校を設立。校長、恒川重遠、後、正木直太郎。
1884 寄宿舎1棟を新設(字旧館)。
郡立小県中学校、第1回卒業生4名。
郡立小県中学校、廃校。
県立長野中学校を設立し、本校を長野町に支校を上田町、松本町、飯田町に置く。 上田支校監事 正木 直太郎。
1885 上田支校卒業生3名。
1886 一府県下に、修業年限5ヶ年の1中学校設立となり、長野県尋常中学校に合併、このため上田支校は廃止。
1893 本校の前身である、長野県尋常中学校上田支校を開設(修行年限3カ年)。校舎として、上田尋常小学校常磐城分教場を使用。
支校長 寺島傅右衛門 生徒数41名。
1895 校舎を上田町字旧館(上田藩主居館跡、現在地)に移転。生徒数113名。
1899 長野県中学校上田支校となる。この年、志願者205名、入学者146名。
1900 独立して長野県上田中学校となる。初代校長 宮本右次。志願者305名、入学者177名。4月17日に開校式を挙行。
中学の徽章制定。校友会発足。8月校友会雑誌第1号を創刊。11月3日校庭運動会を開催。
この年3カ年継続事業として校舎改築の工事を起こす。
1901 南佐久郡野沢町に分校設置される。
1902 第一回卒業証書授与式、卒業生42名。
1903 3ヶ年の校舎改築工事完成。
1904 野沢分校独立。(現 野沢北高等学校)
この年生徒文庫図書館(征露記念文庫)設置。
大正
1916 校友会に文庫部を新設し、征露記念文庫を校友会文庫と改称。
1921 学友区(16学友区)規定を設ける。制服をジャケット型よりダルマ型に改定。
1922 交友会を同窓会と分離し、在学生徒の活動機関とする。
校歌作成。13年2月校歌「秋玲瓏の・・・・」発表会。作詞 上田中学国漢科、作曲 岡野 貞一。
1926 寄宿舎の一部を改築し、教室を移転(12教室)。
昭和
1927 寄宿舎廃止。
1934 校庭運動会を取り止め、全校マラソン大会を行う。
1936 校地東南隅に校友会1棟を建築。
1937 校門、土塀の大修理を行う。
1939 上田市所有の太郎山地籍10町歩(10ha)を借り(45年の期限)学有林を設定。
1941 交友会を改組して上田中学校報国団を結成。報国団誌第1号創刊。
1944 太平洋戦争が終局に向かい、勤労動員が第4,5学年全員におよぶ(通年動員。5年生名古屋、4年生市内工場)
1945 第44回卒業式を動員先(住友軽金属鳴海工場)で行う。4年生は繰上卒業となる。
1946 2階建校舎1棟、平屋建校舎1棟を焼失。
第1回学芸祭。
更に2階建校舎1棟を焼失。
1947 学制改革のため1年生募集なし。新制中学校が併設される。
2階建校舎1棟(30番台)竣工(しゅんこう)。
1948 学制改革により長野県上田松尾高等学校(普通課程)として発足。同時に定時制を設置。
初代校長 北島修一郎。
父兄会が改組し、上田松尾高校PTAとなる。
生徒会設立。
復興第二次計画により2階建校舎校舎1棟(50番台)竣工。
1949 第一回卒業式。卒業者 全日制160名、旧制上田中学校 卒業生19名。
移動教室制を実施。
1950 創立50周年記念式典。同記念事業として校舎増築計画発足。
1951 この年より学期を2期制に改める。
1953 生徒会雑誌第1号発行。
1958 校名を長野県上田高等学校と改称。
1960 創立60周年を迎える。
1964 創立60周年記念事業として同窓会館竣工。
1970 創立70周年を迎え、10月記念式典挙行。
1975 校舎全面改築工事開始。旧教室棟1棟(50番台)取り壊し。
1976 普通教室棟一部(8教室)竣工、旧教室棟(60番台)1棟・食堂・芸術研究室及び生徒部室一部取り壊し。
ブロック建生徒部室2棟18室竣工。
1977 上田公園内旧馬場跡地に第2グラウンド(8842㎡)竣工。
普通教室棟と第二期分(16教室)竣工。
1978 染谷丘高校定時制廃止に伴い、4年女子8名統合転入学。
1979 本館・講堂を取り壊し、土蔵を移転、管理・特別教室棟(5分の4)竣工。
1980 管理・特別教室棟(5分の4)竣工。
創立80周年記念式典挙行。同記念事業として合宿所(165㎡)建設、同窓会館改修、庭園整備を行う。濠の大規模改修工事
1981 第一体育館竣工。 校舎改築落成記念誌 11月7日
1982 格技・音楽・食堂竣工。
クラブ練習室竣工。
1984 定時制棟竣工。
平成
1990 自転車置場増設、更衣室移転。
創立90周年記念式典、講演会開催。
1992 第二体育館竣工。
1993 弓道場竣工。
学期を2期制より3期制に改める(全日制)。
1995 購買の外部委託を廃止。
学有林借受期間変更(55年から75年へ)。
学期を3期制より2期制にもどす(全日制)。
1996 図書館にエアコン導入。
学有林借受期間変更(55年から65年へ)
1997 学習室設置。
1998 三旗掲揚塔建設。
2000 創立100周年記念行事挙行。
記念事業として、同窓会館改修、記念講演会、NHK交響楽団演奏会、川村吾蔵彫塑展等を行う。
2002 完全週5日制実施。
学校評議員第1回会議。濠浄化設備工事
2003 4通学区制への移行措置で隣接通学区からのパーセント条項を20%に拡大。
同窓生による社会人講師進路講話開始。
2004 第1回前期選抜試験(自己推薦入試)実施。
第2グランド全面改修完成。
4通学区制移行。 教育振興会(平成18年度より「明倫堂」)による土曜活用開始。学校自己評価導入。定時制に3修制度導入。
2005 学有林(上田市から同窓会が借用)を借受期間満了につき返還。
2007 定時制初の3修生卒業。
学校公開行事として土曜日授業開始(原則隔週)。
中庭にインターロッキング敷設。
2年生大学見学開始。
長野・松本深志・上田3校PTA交流会開始。
2008 スクールアイデンティティ「上田高校の心 試百難」制定。
旧合宿所取り壊し。
2009 すべてのHR教室にエアコンを設置。
2010 新合宿所完成。愛称「明倫舎」
創立110周年記念式典(上田市民会館)
2011 第1体育館耐震化工事完了
2012 音楽室クーラー設置
2013 日課55分授業開始

ページの先頭へ戻る