学校紹介

古城の門

第1部 上田高校の前身「上田藩旧藩邸」

 上田高校「古城の門」は江戸期上田城三の丸藩主居館の表御門(写真左)であった。
 写真左の城郭が上田城本丸・二の丸、右上の郭が藩の作事場(現清明小)、右下の郭が藩主居館(現上田高校)である。校長室の壁には御屋形古図(旧藩邸屋敷図面)(写真中)が掲げられている。江戸時代の藩邸間取りと井戸位置が一目瞭然である。ここは歴史的な経緯から実質上上田城本丸として機能した真田氏・仙石氏・松平氏が藩政をおこなった政治の舞台であった。学校南側(写真右)にも細いながら濠があったことがわかる。藩邸と宿場町間にあった三の丸大水濠(外濠)は蛭沢川旧河道(湿地帯)を利用して堀削された。ここは上田宿商人と武家ゾーンの境界となり、大手門(現商工会議所)の枡形、桂旅館前、刀屋前枡形が武家ゾーン入口番所であった。
 上田市内はゆるやかに東から西へ傾斜している。矢出沢川、蛭沢川は清明小、陸上競技場の窪地を流れていたと考えられる。上田城建造により蛭沢川と矢出沢川は北方へ流路を変更し上田城の外堀として使われた。上田高校濠は清明小より人工水路により給水されていた。南側に段丘崖がある上田城および藩邸は北側と東側に幅広い濠が作られた。外濠もまた並行して同様である。現在この外濠は埋め立てられ、道路区画でのみ遺構が確認されるにすぎない。
 下の写真は隣接する市役所本館屋上から撮影したものである。上田高校の敷地と旧藩邸がほぼ同じであることがわかる。左奥の緑が古城の門周辺の大樹である。かつて周囲はすべて濠で囲まれていた。現在は古城の門の両側に2カ所濠が残されている。市役所側の濠は明治期に埋め立てられ現在は自転車置き場(写真左端)となっている。上田駅前に高層ホテルができ、下校時に昇降口から青いネオンがちらちら見える。
 本校グランド(写真右端)は河岸段丘上で見晴らしがよい。かつて築山と池泉のある庭園で、藩主は塩田平をのぞみながら御茶屋で茶会をたのしんだことであろう。グランド奥にあった鋳物師、弓場を含め、今では全くその面影を追うことはできない。(上田二中改築工事で大発見があるかもしれない)
 写真右端のグランド北の住宅は旧藩邸敷地で茶園があった場所と伝えられている。現在グランドからは長野新幹線・アリオ上田店・新市民会館(建設中)がよくみえる。河岸段丘上にある上田高校は標高457m。上田駅は約440mで段丘崖を17m昇る。現在上田高生の52%が電車通学で上田駅から徒歩で古城をくぐる。(小諸方面28%、千曲方面17%、別所線7%)駅前から厩であった上田温泉ホテル祥園脇の小路を歩き南から濠沿いを通って古城の門から通学する生徒が多い。蹴放をまたぐと気合いがはいるそうである。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ

ページの先頭へ戻る