学校紹介

校歌・応援歌

長野県上田高等学校歌

作詞・上田中学校(現、上田高等学校)国漢科

作曲・岡野 貞一

秋玲瓏(れいろう)の空衝(つ)きて    ゆふべ太郎の峰高し
春縹渺(へうべう)の末けむる    あした千曲の水長し
関(くわん)八州の精鋭を    ここに挫(くじ)きし英雄の
義心(こころ)のあとは今もなほ    松尾が丘の花と咲く
古城の門をいで入りて    不動の心山に見る
我に至高の望あり    挙世の浮華(ふくわ)に迷はむや
たふとき霊血(みたま)に承(う)けて    不断の訓(をしえ)川に汲(く)む
我に至剛の誇あり    いざ百難に試みむ


応援歌 No.1(副題: 千曲の流れ)

作詞・不詳

作曲・不詳

千曲の流れ絶間なく    浅間の煙つきやらず
栄ある歴史残しつつ    星霜ここに六十の
松尾城頭学舎(まなびや)に    歓喜の声のみちみちて
をどる血潮湧きたちぬ    ふるへやふるへ我が選手
ラ上田ラ上田上田    上田フレ


応援歌 No.2(副題: 松尾城頭青嵐)

作詞・小川栄一

作曲・不詳

松尾城頭青嵐    昇る朝日の烏帽子山
をどる千曲の激流は    上田軍の意気と知れ
清き歴史の我が健児    雪のあしたに霜の野に
鍛えし腕(かいな)今ぞいま    力にうなる晴れ戦
ラ上田ラ上田上田    上田フレ


応援歌 No.3(副題: 伝統の花)

作詞・町田太郎

作曲・町田太郎

伝統の花れうらんと    松尾が丘は時じくの
春を誇れりいざやいざ    凱歌をあげて地軸をうたん
上田上田上田上田    勝利の上田
ああ堂々の陣を張る    信濃の勇者我が上田
打てよ走れよ虹を呼べ    真田の血潮伝統に燃ゆ
上田上田上田上田    勝利の上田


応援歌 No.4(副題: 立てよいざたて)

作詞・金沢明子

作曲・関 哲夫

立てよいざたて    信濃の勇者
同胞(はらから)共に    手をとりて
長き歴史の    この旗のもと
いざや歌はん    勝利の歌を
火を吹く浅間    躍れる千曲
我らの血潮    湧きたちて
緑もえたる    今日(けふ)ここに
つひに  来たりぬ  戦ひの日が
たゆまぬ努力    鍛へし腕
我らゆく道    敵あらず
光あふるる    太陽のもと
勇み進まん    勝利のもとへ


応援歌 No.5(副題: 真田の勇士の)

作詞・矢島勝美

作曲・藤沢章彦

真田勇士の    血を継ぎし     上田健児の    底力
あふるる闘志    躍る胸     今戦ひの今戦ひの    陣を組む
ふるへ ふるへ ふるへ  ふるへ上田高校
烏帽子の岳に    朝日はのぼり     若人の胸  希望(のぞみ)  燃ゆ
日頃鍛へし      この腕     今戦ひの今戦ひの    旗樹てん
ふるへ ふるへ ふるへ  ふるへ上田高校
太郎の峰の    さかまく霧に     進軍の声    いさましく
その意気高く    天を衝く     今戦ひの今戦ひの    時きたる
ふるへ ふるへ ふるへ  ふるへ上田高校


上田讃歌

悲しむ勿(なか)れ青春の  夢の双葉に霜あれど
われたくましき右手高(めて)く  燃ゆる希望のかがりあり
望み 望みあり 松尾台上
理想あり
上田 上田 上田 上田
憂ふる勿れ溷濁(こくだく)の  巷(ちまた)に荒風(はやて) 荒(すさ)ぶとも
われ駆(か)る白馬  雲けりて
銀のひづめの行くところ
光 光あり  松尾台上
正義あり
上田 上田 上田 上田



凱歌

作詞・吉村武生

作曲・不詳

夕日千曲の水(み)の面に    映えたる血潮輝きて
躍るや絶えぬ歓びの    流れにひびく陣太の音
聞けや胸血のたぎる声    誉れのかぶと我得たり
黙示の色に溢れたる    浅間の峰の空高く
五色の旗のたなびきて    夕陽の四方を覆ふとき
見ずや誉れのこの旗を    永く我が手に保たなむ


寮 歌

1 信濃の空に東風渡り 春の息吹をもたらせば
浅間の山もかすみこめ 千曲の流れ水ゆるし
2 昔真田の城のあと 今は文よむ窓のうち
燈火の影に英雄の おもかげしのぶ春のくれ
3 文よむまどに散る桜 雪とみまがふそれならで
信濃(みすず)の野(はら)にちる武者の 最後をうつすいさましや
4 碓氷の山に時雨して 秋のおとづれさそふとき
紅葉の夕日にかがやけば 千曲の流れ錦なり
5 昔松尾の城のあと 今は文よむ窓のうち
燈下のもとに英雄の おもかげしのぶ秋のくれ
6 幾多の健児この寮に 自治の基をたてしより
朝経世の書をひらき 夕降(ゆふべ)魔の剣をねる
7 朝日ににほふさくら花 夕日にはゆるもみぢばの
かがやく胸のうつくしや わが名をたてん末はるか

ページの先頭へ戻る