トップページ

大正11年(1922年)篠ノ井の地で女子教育の殿堂として生まれた本校は、地域に支えられながら、時代とともに総合的な高等学校として大きく育ってまいりました。90有余年の卒業生により育まれた、歴史と学校風土を全身で受けとめながら、生徒達が勉強、クラブ活動の新たな彩りを校史に書き加えられるように、今後も教職員一同、誠心誠意努めて参ります。

新着情報

2020年02月21日
入試情報更新しました。
2020年02月18日
マレーシア事前研修2・3について報告します。
2020年02月12日
第2回学校評議員会が開かれました。
2020年01月09日
マレーシア研修に派遣される生徒が松本に研修に行きました。
2020年01月07日
3学期始業式(2020年1月7日)
» 続きを読む

篠高生の一日

英語の授業で課題解決に向けたプレゼンをしました。

2年生は、英語の授業で課題解決に向け自分達にできることを考えてきました。今週は、全クラスが、SDGs(持続可能な開発目標)のテーマに沿って、3~4人のグループ単位で課題解決に向けた提案を英語で行いました。

課題中間発表会

1月10日(金)、1、2年生合同の課題研究発表会を行いました。1年生は、「信州学」として、小布施のフィールドワークの経験から、篠ノ井地区について考えたことを発表。2年生は、東京や福島など県外各地に分かれて参加したフィールドワークの経験と沖縄修学旅行について発表しました。また、長野県高校生「私のプロジェクト」発表大会等に参加した生徒の発表も行われ、問題意識をもって探究している仲間から刺激を受けました。

しなの鉄道不通区間の対応について

 しなの鉄道の不通区間(上田駅~田中駅)に対する県の対応が下記の通り決定しました。

 <決定事項>「しなの鉄道線の不通区間(上田駅~田中駅)の代替輸送等に関する今後の対応については、10月21日(月)に発表する予定です。」

 なお、この決定に従い、学校としても精一杯対応していきますので、不通区間の生徒のご家庭にはご不便をおかけしますが、いましばらくお待ちください。

» 続きを読む