教 育 方 針

学校教育目標

 将来、国際的視野に立って社会の進展に貢献できる人材の育成に努める。このために明朗で秩序ある学校生活をとおして教養を高め、心身を鍛え、自主的で創造性豊かな人間形成を期す。

重点目標(中・長期的な課題)

  1. 進路指導体制をさらに充実させ、生徒の希望進路の実現を図る。
  2. 学習指導体制を整備し、生徒の学力向上を図る。
  3. 生徒指導体制を充実させ、全ての生徒が安心して生活できる学校づくりに努める。
  4. 全ての生徒が誇りと自信を持ち、生き生きと生活できる学校づくりに努める。

今年度の重点目標

  1. 3年間を見通して各学年に応じた段階的指導により進路学習を深め、進路目標を具体化させる。さらに卒業学年においては、その目標実現に向け個々に応じた指導・助言をしていく。
  2. 生徒が自主的・積極的に学習に取り組み高い学力を獲得できるよう、授業や補習を充実させる。
  3. 社会生活・学校生活のルール、マナーを尊重する姿勢を育てる。
  4. 生徒会活動、部活動等の一層の活性化を図り、生徒の自主的活動の確立と充実を目指して支援する。

学年目標

  • 1学年 高校生としての基本的生活習慣の確立を図り、学習集団としての意識を確立させる。
  • 2学年 学習への取り組み姿勢を確立し、学力の向上を図る。
  • 3学年 個々の生徒がそれぞれ自分に合った進路を選択し、その実現に向けて取り組めるようにする。

学習指導

 学習内容及び方法の研究を積み重ね、生徒には学習意欲を喚起させるとともに自発的に課題を見つけ学ぶ態度を養う。また、朝の読書を通して読書の楽しさや大切さを知り、豊かな情操を育む。

生徒指導

  1. 積極的に自己を拓く、創造性に富んだ人間を育成する。
  2. 教科学習や教科以外の教育活動、更にボランティア活動等の社会参加にも、意欲的に取り組むことによって、幅広い人間形成をはかる。
  3. 集団秩序を守り、自主・自律・連帯の精神を養う。
  4. 自分のまわりの事柄を主体的に捉え、自主的に解決できる「生きる力」を育てる。そのために自主活動を大事にしていく。

進路指導

  1. 生徒一人ひとりに、自己の適性・興味・能力等を冷静に自己探求させることにより個性や能力の開発・伸長をはかりながら、一人ひとりの自己実現への援助を行う。
  2. 将来の人生設計についての思索を深めつつ、多様化した現代社会の職業分野の実態を体験的な学習等を通しながら認識させ、望ましい勤労観や職業観の育成をはかるとともに、各自の進路選択とその実現を指導、援助する。

人権平和教育

  1. 同和教育は、日本国憲法と教育基本法の精神に則り、生徒の人権意識の高揚を通して、同和問題をはじめあらゆる差別と人権の課題を解決するために行う。
  2. 平和教育は、諸外国の異文化を理解し、尊重する態度を育成するとともに、民主的な社会、平和的国際社会に貢献できるような人間を目指して行う。特に、日本人として、平和憲法の精神を持った主体性のある社会人の育成を目指す。