沿革

・創立 明治33年10月16日
 2か村学校組合立 蓼科実業補習学校開校


・明治35年6月9日
 蓼科乙種農学校設立、実業補習学校廃止


・大正6年10月16日
 長野県北佐久郡立蓼科農学校と改称


・昭和15年3月31日
 甲種農学校に昇格


・昭和23年3月31日
 長野県蓼科高等学校設置認可(普通科120名、農業学科240名)


・昭和53年4月1日
 農業学科生徒募集停止、普通科定員170名とする


・昭和59年4月30日
 魅力ある高校づくり指定校となる


・昭和63年5月30日
 特色ある高校づくり指定校となる


・平成1年11月
 第2体育館完成


・平成2年9月
 水泳プール・プール付属棟完成


・平成3年10月
 90周年記念体育館鍛帳
 生徒昇降口前庭整備竣工


・平成5年4月
 普通科定員を120名とする


・平成25年4月
 進学・地域創造・地域貢献・福祉の四コース制を開始


・平成30年4月
 地域創造コースを環境デザインコース、地域貢献コースを地域デザインコースに名称を変更


・令和2年4
 普通科定員を80名とする