中条校の教育

学校目標

1. 生徒を真ん中に置いた少人数、個別指導に努め、生徒の自立と社会性の伸長を図る。
2. 体験的・探究的学習の充実を図り、授業改善による学力の定着・向上を目指す。
3. 人権・生命を尊重し、いじめや体罰のない安心安全な学校づくりに努める。
4. 校外資源を積極的に活用し、保護者、地域から信頼される学校づくりを推進する。

▲ページトップへ


中条校と“私”(各学年の教育活動)

▼中条校で見つける新しい私
1年生は、中条の豊かな環境の中で、新たな仲間と力を合わせて、根気強さを育む「チャレンジ」(学校設定科目)の授業や、少人数で基礎から学びなおす「ベーシックⅠ」(学校設定科目)や基本を大切にした授業の中で新しい自分を発見します。

▼中条校で育てるなりたい私
2年生は、進学コース、教養コースに分かれて学びます。小中学生との交流、地域の運動会などのイベントや修学旅行などの新鮮な体験を通して、自分の可能性に目覚め、夢を育てます。

▼中条校で叶える未来の私
3年生は、それぞれの進路に合わせて授業を学び、進路研究に励みます。いつでも相談できる先生方の手助けを借りながら、社会に飛び出す準備をします。

▲ページトップへ


中条校の教育の特徴

習熟度別授業と少人数指導

1年生の国語・数学・英語は、「標準」「応用」の2つの習熟度別講座に分かれて、レベルに応じた少人数での学習を行っています。

 

コース制

2年生・3年生は、「進学コース」「教養コース」の2つのコースに分かれて、生徒それぞれの進路に応じた学習を行っています。

進学コース
四年生大学、短期大学、専門学校等への進学希望者が、進学のための実力アップを目指します。

教養コース
専門学校等への進学希望者、就職希望者が、自立した社会人になるための教養を身につけます。

 

学校設定科目

「ベーシック」「チャレンジ」という特色ある学校設定科目を設置しています。

ベーシック
基礎・基本の定着を図り、確かな学力を身につけることを目的とした科目です。

  科目名 内容
1学年 ベーシックⅠ 「進路マップ マナトレ」を使用して、中学校までの国語・数学・英語の基礎的事項を学び直して、学習の基礎・基本を定着させる指導を行っています。
2学年 ベーシックⅡ 教養コースの生徒を対象に、1年時の基礎を振り返りつつ、更なる基礎学力の定着を図っています。
3学年 ベーシックⅢ 就職試験対策問題や時事問題、小論文など、就職試験を意識した学習活動を通して、進路希望の実現を目指しています。

チャレンジ
教科「地域体験」(学校設定教科)の科目で、地域と関わりながら行う体験的な学習をしています。地域を愛し、地域の将来を担う人材の育成を図ります。

 

▲ページトップへ


進路状況

最近の主な進路先

4年生大学 長野大学 佐久大学 清泉女学院大学 松本大学 日本福祉大学 埼玉工業大学
愛知大学 保健医療経営大学 名古屋経済大学 神奈川工科大学 和光大学
短期大学 清泉女学院短期大学 上田女子短期大学 富山短期大学 松本大学松商短期大学部
専修学校 カレッジオブキャリア 上田情報ビジネス専門学校 長野看護専門学校
長野県技術専門校 長野調理専門学校 岡学園 長野理容美容専門学校
大原スポーツ公務員専門学校 長野社会福祉専門学校 高崎動物専学校
関東自動車大学校 大阪調理製菓専門学校
就  職 日本郵便(株)信越支社 (株)みすずコーポレーション (株)デリックちくま
(有)旬彩菓たむら 自衛隊 (株)長野工業 (株)交和物産 信陽食品(株)
(株)住電デバイスマイクロアセンブリ (株)小川の庄 (株)ニットー (株)フォーバイケア
進興エンジニアリング(株) (株)リネンサプライ (株)金丸物産金井きのこ園 茶々や
(株)まるため (株)笹屋ホテル (株)タスク

令和2年度卒業生 進路状況

  4年生大学 短期大学 専修学校 就職 その他
県内 0 3 7 3
県外 0 1 1 0
0 4 8 3

▲ページトップへ


教育課程・教科書
PDF
教育課程表 令和元年度入学生 令和2年度入学生 令和3年度入学生
使用教科書 令和3年度    

▲ページトップへ


学校評価
PDF

令和2年度 学校自己評価集計結果

令和2年度 学校関係者評価集計結果

令和2年度 匿名性を担保した学校評価集計結果

令和2年度 匿名性を担保した授業評価集計結果

令和3年度 学校自己評価表

 

▲ページトップへ


各種方針
PDF

いじめ防止等のための基本的な方針

長野西高校中条校 運動部活動方針

長野西高校中条校 文化部活動方針

コンプライアンス・マニュアル

キャリア教育令和3年度

キャリア教育令和2年度

キャリア教育平成31年度

道徳教育全体計画書

▲ページトップへ