国際観光科

平成28年4月に国際観光科を開設しました。

教育内容の概要

長野県の目指す「世界水準の山岳高原観光地づくり」の重点支援地域である白馬村・小谷村エリアにおいて、『白馬と世界をつなぐグローカル*観光人材の育成』を目的に、恵まれた地域資源を活かした教育を行います。

観光に関する知識・技能及びホスピタリティマインドの習得を図るとともに、英語力の向上と異文化理解の深化を図り、実践的な英語運用能力や国際的資質を高め、観光をはじめとする様々な分野で主体的に活躍できる人材の育成を目指します。

*グローカル
全世界を同時に巻き込んでいく流れである「世界普遍化」(Globalization)と、地域の特色や特性を考慮していく流れである「地域限定化」(Localization)の2つの言葉を組み合わせた混成語。

コース設定(2年次~)

国際コース

国際観光分野で活躍するために、国際系・観光系・外国語系大学等への進学を目指します。

観光コース

観光事象に興味があり、主に国内観光分野を中心に活躍することを目指します。

学習内容

白馬山麓に学ぶ

  • 観光に関する知識の習得
  • 地元の観光資源を活用した学習
  • 信州大学・松本大学等との交流など
  • 課題研究テーマの設定準備

日本を考える

  • 観光事象に関する理解の深化
  • 山岳実習の実施
  • 観光人材サミット(講演会)の開催
  • 国内の大学等との交流など
  • 課題研究テーマの設定

世界に触れる

  • 多様な価値観との共生
  • 海外語学研修、姉妹校留学など
  • 課題研究の完成、学習成果の実践
  • 白馬フォーラム(課題研究発表会)の開催
  • Hakuba Business、スポーツビジネス、デュアルシステム等の実施

教育課程

国際観光科カリキュラム

3年間の時間割展開(PDF 73KB)

平成28年度入学生教育課程表(PDF 161KB)