コミュニティ・スクール

コミュニティ・スクールは、保護者や地域住民などから構成される学校運営協議会を設置して、学校運営に参画することにより、
学校・家庭・地域社会が協働しながら、子どもたちの豊かな成長を支え、「地域とともにある学校づくり」を進めるための仕組みです。


白馬高校における取り組み

全国的に学校運営協議会の設置は、小中学校では進んでいるものの、高等学校での設置例は少なく、県内の高等学校では初め
ての
取り組みとなります。また、学校運営協議会への地元首長の参加は全国初の取り組みとなります。
白馬村・小谷村からは、白馬高校に対して、地域の観光資源を最大限活用したカリキュラムの編成や展開への協力、他地域の
生徒が安心して生活を送られるための寮などの整備、学力向上のための公営塾の運営などをしていただくことになっております。

地域に末永く愛される高校であり続けるためにも、学校運営協議会を設置(コミュニティ・スクールの導入)し、「地域とともに
ある学校づくり」を目指していきます。
学校運営協議会制度の設置については、長野県教育委員会で具体的な検討を進めていきます。


参考:コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)<文部科学省>

学校運営協議会

学校運営協議会議事録等



公営塾・寮・キャリア教育などの地域支援 白馬高校魅力化プロジェクト