教 育 目 標 ・ 方  針
教育目標
1、質実・剛健

1、誠実・堪能

1、積極・真摯

教 育 方 針

1.質実・剛健の精神に鑑み、健全なる心身を鍛練して常に勤労を重んじ、社会の風潮に迎合することなく、質素にして不屈の精神を養う。

2.誠実・堪能の精神に鑑み、相互の人格を尊重し、信頼を深め、責任を果たすとともに熱意をもって事に当たり、農業を通して職業観を養う。

3.積極・真摯の精神に鑑み、規律を守り、円満な共同生活を営むとともに、自発的意欲のもとに真理の探究につとめ、卓越した創造性を養う。
 
各学科の教育目標
課程 学科 コース 教育目標
全日制 アグリサ−ビス科 (生産流通コ−ス)
(食農科学コ−ス)

〜農業生産から産業・食と地域生活文化を学び、豊かな地域の発展に貢献する人材を育成する〜

 農業生産や経営の基本から地域資源の活用までを学習する。生産流通コースでは、作物栽培・家畜飼育から活用までの知識を深め実践に役立つ学習をする。食農科学コースでは、食文化や生活文化に関して知識を深め実践に役立つ学習をする。


農業機械科 ----------

〜自動車社会を支える明日の整備のスペシャリストを育成する〜

 一種自動車整備士養成施設として自動車の整備に関する学習をすす
め、三級自動車整備士の資格取得を目指すとともに、溶接・建設機械・工作などの実践に役立つ学習をする。


園芸クリエイト科  (野菜科学コース)
(草花科学コース)

(果樹科学コース)

〜園芸作物の栽培技術を学び、新しい時代の園芸を創造する人材を育成する〜


 2年次から野菜科学コース、草花科学コース、果樹科学コースに分かれ、専門的に園芸作物の栽培を学習する。さらに、バイオテクノロジー、フラワーアレンジメント、園芸デザインなどの技術の活用について幅広く学習をする。

食品化学科 ----------

〜原材料の生産から分析・製造まで学び、食を創造し食の安全を守る人材を育成する〜

 食品製造実習や微生物実験、食品の化学分析実験を通して、食品の製造原理を学び、食の安全など食品衛生に関する意識を養い、食品成分の分析技術を習得する。さらに、地元企業と連携した活動も取り入れ、食に関する興味・関心を深める学習をする。

          
        以前の各学科の教育目標をご覧になりたい方 → html形式