学校長あいさつ−学校の紹介

学校の紹介メニュー
  学校の沿革校名・校歌・校章学校長あいさつ教育目標
  いじめ防止基本方針キャリア教育計画表教育課程・教科書・日課表・年間行事進路状況
  学校自己評価生徒による授業評価学校評議員会図書館学生寮

 〜学校長挨拶〜
 『未来を創る木曽青峰高等学校』

学校長 栗山 嘉章

 本校は、明治34年にその源をもつ木曽山林高校と大正12年にその源をもつ木曽西高校及び木曽東高校を統合し昭和57年に開校した木曽高校との二校が、平成19年4月に統合し、木曽青峰高校が開校しました。今年で15年目を迎える木曽谷に誇る歴史と伝統のある高校です。3万2千人以上の卒業生は地元だけでなく、各地、各界で活躍しています。
 現在、全日制 普通科、理数科、森林環境科、インテリア科と定時制 普通科の2課程、4学科があり、それぞれの特色を生かした学習活動を行っています。日々の授業だけではなく、クラブ活動や生徒会活動にも積極的にかかわっています。その活動の一端はこのホームページでご覧ください。
 人生100年時代といわれる超長寿化社会を迎えつつあるなかで、社会の担い手として、唯一の答えのない問いや課題に、仲間と協働しながら答えをみつけられるよう、主体的に、探究的に物事に取組んでほしいと願っています。木曽青峰高等学校はそのような有為な人材の育成に努力して参りたいと考えます。是非、皆様のご助言やご支援を賜りますようお願いいたします。