^

学校長あいさつ

長野県須坂創成高等学校は、「魅力ある高校づくり」と「高校の規模と配置の適正化」の二つを柱とした「長野県第一期高等学校再編計画」に基づき、歴史と伝統を誇る須坂商業高等学校と須坂園芸高等学校の両校を統合・継承し、創造工学科を新設して、新しく誕生した総合技術高校であります。須坂創成高等学校は、グローバル化、情報化、科学技術の進展、産業構造の変化等、時代の進展に伴う教育的要請に応える学校として、農・工・商 三学科を有する県下唯一の総合技術高校として平成27年4月7日に開校いたしました。 この三月には、須坂園芸高校および須坂商業高校の閉校式が行われ、本年度入学する三期生をもって、須坂創成高校に完全に統合された形でスタートます。今年度中には管理商業棟も完成し、キャンパスも統合される予定です。 本校では、全ての生徒が学科横断的な科目「産業基礎」を学習して、地域の産業社会を理解し、産業人としての基礎力を養うとともに、各自の専門に関連する他学科の基礎的な専門科目の学習や農業科と工業科の融合的な学びである「植物工場」の学習などをとおして、専門性の強化・拡充を図り、専門的かつ多面的な職業能力を育成してまいります。また、農業科では、6次産業化や観光・地域資源を活かした街並づくり、工業科では、地域の産業界・須坂市・学校の三者が強力に手を携えた体系的なデュアルシステムの実施、商業科では、海外との商取引を視野に入れた「ビジネス英語」の学習やICTを活用したアクティブ・ラーニングなど、各学科の特性を活かした新たな教育活動を展開し、産業構造の変化や技術革新に的確に対応し、自己と社会の未来を力強く切り拓く能力を鍛錬し「須坂から世界に羽ばたく創成力」を備えた有為な人材の育成を目指してまいります。

平成29年4月3日

長野県須坂創成高等学校長 大塚 正

教育目標

1 産業構造の変化に柔軟に対応し、職業人と して必要とされる専門力と創造力を兼ね備えた地域産業の担い手を育成する。

2 生徒一人ひとりが輝く「明るい学園」を創造 し、思いやりの心を大切にするひとづくりを通 し、社会に貢献できる人材を育成する。

カリキュラムの特色

1年次 産業基礎(必修) 産業を農工商の枠を超えて学び、産業人としての基礎力を養う

2年次 学科連携(必修) 他学科の科目を学び、より広い専門性を身につける

3年次 進路別選択(選択) 希望者は2年次に続き他学科の科目の選択が可能

行事の特色

各学科相互乗り入れで、経験の幅を広げる

年間行事計画

年間行事計画 をダウンロードできます。