保健室より

独立行政法人日本スポーツ振興センター給付について

<学校の管理下で災害を受けた時は…>
1.対象範囲

  (1) 授業中
  (2) クラブ活動、その他の特別活動または教科以外の教育活動
  (3) 休憩時間、その他校長の指示、承認に基づいて行われる課外指導を受けている時
  (4) 登下校時(ただし通常の経路に限る)
  (5) その他(学校の教育計画に基づいて行われる課外指導を受けている時)

  ※独立行政法人日本スポーツ振興センターのホームページ内に、
   保護者向けに医療費の給付までの流れ等が紹介されていますので、ご覧下さい。

2.掛け金及び支払額 (任意加入)

   掛け金一年間 1495円(保護者負担額)他に県が、370円補助         
   健康保険診療に基づく総医療費が、5000円以上。(窓口支払いが1500円以上)
   給付額は、医療費全額の3割+1割

3.提出書類と報告事項


(1) 災害が発生したら、担任または顧問を通して、速やかに保健室へ報告。

    ※「生徒用災害報告書」用紙に、状況など記入


(2) 次の場合は、必ず届ける
      治癒した時
      治療を中止した時
      転医した時
      同一災害で医療機関が別な場合( 不明な点は保健室まで)


(3) 上記(2)のいずれかに該当する時、治療費の証明をしてもらう書類があり ますので、 医療機関で記入してもらい保健室に提出する。書類は、保健室に取りに来るか、日本スポーツ振興センターのホームページより該当する書式をダウンロードしてご利用下さい。

様式のダウンロード方法
独立行政法人日本スポーツ振興センターホームページ
   ↓
学校安全web
   ↓
災害共済給付
   ↓
様式ダウンロード

(4) 学校では生徒(家庭)から提出された上記の書類をもとに災害報告書を作成  し、スポーツ振興センターへ提出する。(東京支所へ)


(5) スポーツ振興センターの審議会で決定されると、給付金が該当家庭の指定口  座へ振り込まれる。

4.時効
 発生より2年  継続医療の場合は 10年有効
学校感染症治癒報告書

インフルエンザ治癒報告書

その他の感染症治癒報告書
ダウンロードしてお使いください。

ご不明な点がございましたら下記までご連絡ください。
保健室直通 0267-22-0501
学校代表 0267-22-0216