諏訪二葉高校の沿革を紹介します。
沿革の内容は、「二葉百年のあゆみ」(2008年発行)を参考にしています。
1901(明治34)年


1908(明治41)年

1909(明治44)年

1917(大正 6)年
1920(大正 9)年
1933(昭和 8)年




1948(昭和23)年
1953(昭和28)年

1955(昭和30)年
1984(昭和59)年
1987(昭和62)年
1988(昭和63)年
1997(平成 9)年
1998(平成10)年
2001(平成13)年
2002(平成14)年

2007(平成19)年


諏訪補習女学校開設
上諏訪町高島尋常小学校に附設
定員50名、2学級。修業年限2ケ年
長野県上諏訪町立諏訪高等女学校新設
4学年。初年度在籍生徒数127名。高島小学校を借用。
新校舎(岡見山校舎)落成
現在の高島小学校第七棟
県立に移管 長野県立諏訪高等女学校となる
長野県諏訪高等女学校と改称
旧校舎竣工。現在地へ移転
三階建てクリーム色で当時県下で最もモダンな校舎といわれた。昭和14年からの「鉄製不急品の回収」により、階段手摺の真鍮などおよそすべての金属類は撤去され、昭和20年には校舎が黒一色に迷彩された。昭和27年の平和事業により再びクリーム色に戻った。
新制高校に移行 長野県諏訪二葉高等学校と改称、校章の制定
校歌制定
作詞:五味智英 氏  作曲:平井康三郎 氏
ブロンズ像「すこやか」建設
新校舎落成記念式典挙行
男女共学実施  男子86名入学
第二グラウンド造成工事完了(角間新田地籍)
創立90周年記念式典を挙行
校舎改築事業始まる(大体育館および本館)
本館(現南校舎)竣工
ステンドグラス・中庭モニュメント「揺籃」設置
校舎竣工記念式典を挙行
創立100周年記念式典挙行


校歌を聞く