ホーム > 学校紹介 > 学校長挨拶

学校長挨拶                             長野県屋代南高等学校長 中村 真由美

   

 

                                    

   

 

桜ふぶきの学舎(まなびや)ゆめも未来へ羽ばたかん (本校校歌より)

 

~豊かな個性を磨き、あなたの夢の実現を目指して~

                                                                     

 

本校のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

校章のモチーフになっている「桜」は本校のイメージでもあり、校門脇の桜の花が春には生徒たちを温かく迎え入れてくれます。
   
本校は、明治42年に「組合立埴科農蚕学校」として開校し、創立110年を超える歴史と伝統を持つ、実績のある学校です。
ここ千曲市屋代の地で一世紀にわたり、地域の皆様に大切にはぐくまれてまいりました。16000名余の卒業生は地元地域をはじ
め、各界で活躍をしています。地域を取り巻く環境が変化する中で、地域とともに歩んできた本校への期待も大きくなっています。

 本校には、普通科とライフデザイン科の2つの学科があります。
 普通科は、生徒一人ひとりの個性の伸長と多様な進路希望に応えるために、本校独自の「学校設定科目」や「商業」を含む多様な
選択科目を設定し、きめ細かな学習支援を行っています。ライフデザイン科では、生徒の興味関心や適性により専門的な学習がで
きるように、「ファッションデザイン」と「フードデザイン」の2つのコースを設置しています。例年開催している
ファッション・フードショーは、3年生が中心となって、計画・運営を行い、学習の成果を地域の方々に観ていただく機会となり、
高い評価をいただいています。
 また、生徒会が中心となって、地域行事やボランティア活動に参加するなど、地域活動にも積極的に取り組んでいます。本校の文化祭
「桜苑祭」をはじめ、公開授業や公開講座等には、毎年大勢の地域の方々に参加いただいています。

 将来を見通すことが困難で、予期せぬ変化の大きな社会の中で、他者と協働しながら活動できる力を、生徒一人ひとりが身につけることが、
ますます大切になってきています。開校時より培われてきた本校の校訓「誠実」「自発」のもと、保護者、同窓会、地域の皆さまのご協力を
いただきながら、良き伝統と校風をさらに発展させていけるよう努めてまいります。今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願いいたします。

 ホームページを多くの皆様にご覧いただき、屋代南高校の「今」を感じていただければ幸いです。

ページの先頭へ