小学部の様子

   トップページに戻る

 
1 指導目標
(1)学ぶ楽しさを感じる。(学力)
 子ども自らの努力で「わかった」「できた」に至り、達成感から楽しさを感じられるような学習・活動内容を設定し、支援していく。
(2)自分の良い所、友だちの良い所を知る。(人間関係)
 小さな成功を積み重ねることで得られる達成感・成就感から自己肯定感が高まる支援を行う。そして友だちのがんばりや良いところに目を向け、お互いに認め合い、共に生きることができるように支援していく。
(3)生活や学習の中から、将来に目を向ける。(キャリア教育)
 日々の学習や活動、生活の中で身につく力が、小学部・小学校卒業後、あるいは将来社会に出た時のどの部分に結びついていくのかを示し、子ども自身が将来に目を向けていく支援を行う。
2 教育課程
  小学校の学習指導要領を基本に、児童の実態(一人ひとりの病状や発達段階、心理状態、医療面での対応、前籍校での様子等)に即した弾力性のある教育課程を編成する。また伸ばしたい力やそれぞれの実態に合わせて学習集団を形成する。更に本校の自然環境や校内校外の人的・物的資源を大いに利用したり、教科や学習内容によっては学年・部の枠をはずした合同の学習を取り入れたりして弾力的な教育実践をする。
             小学部 5・6年生 (例)

1  ( 9:10
      955

国・算

国・算

国・算

国・算

国・算

2 (1000     1045

社会

社会

外国語

理科

総・外

3 (1105     1150

体育

総合

体育

家庭科

音楽

4 (1255     1340

図工

理科

図工

若葉会

道徳

5 (1345     1430

公文

公文

公文

公文

公文

6 (1435     1520

理科

           *公文:国語・算数の教材を使用
(1)自立活動

@「個別の指導計画」に基づき、本人、保護者、病棟関係者の目標や願いを大事にしながら、支援していく。
A必要な児童には日課の中に位置づけ、個々に目標を持って生活していくことができるよう支援していく。
B段階的に、子ども自身が自立活動の面からの自己理解が深まっていくように中長期的な視点から支援を考え、計画的に実施していく。
(2)交流及び共同学習

@大きい集団に接する大切な機会であるとともに、地域に接する大切な機会と捉える。
A前籍校だけでなく、地域の交流校、更に地域社会との交流を子どもの心理面に配慮しながら進める。

B前籍校・副学籍校や居住地校との交流を通して、地域の学校に学びの場を移していくステップとしても、交流を大切に考えていく。
C前籍校・副学籍校や居住地校との交流を進めるに当たっては、本人・保護者、相手校、医療をはじめとする関係機関と相談し連携しながら進める。


3 学習・活動の様子 (令和2年度)

部通信 5月            

   トップページに戻る