高等部の様子

   トップページに戻る

 
1 指導の目標
  「社会自立に向けた力を養う」                  
   (1)進んで学び働く生徒 
   (2)自分も仲間も大切にできる心豊かな生徒
   (3)社会的自立を目指して生活をする生徒
2 教育課程
 本校高等部は高等学校普通科教育課程に準ずる教育を行っており、規定の単位数の修得が認定されることで進級・卒業が認められます。したがって教科学習を中心に行っておりますが、本校高等部では、卒業後の「社会自立に向けた力を養う」ことを大きな目標としているため、1週間の時間割を次のように設定しております。
<時間割の基本形(1年生の例)> 

朝活動

朝の会

基礎トレ

基礎トレ

基礎トレ

基礎トレ

基礎トレ

チャレンジ

チャレンジ

チャレンジ

ステップ

チャレンジ

国語

音楽

家庭科

社会

社会

昼食

清掃

理科

HR

国語

生徒会

美術

社会

英語

カルチャー

英語

英語

保体

理科

数学

保体


















      ※集団の中で生活できる力をつけるため、教科の学習は基本的には学年単位。
(1)居心地の良い居場所作り
@TTによる支援
・各授業STが1〜2名入るように設定。
・個別支援にあたったり、不安や不調の訴えに対応したりしています。

A休み時間の過ごし方
・職員はできるだけ生徒と過ごすようにしている。進んで外に出てサッカーを行ったり、カードゲームに誘ったりするなかで、生徒同士の仲立ちをし、余暇に楽しみを見出せるようにしています。
(2)基礎学力の定着と生活リズムづくり
@基礎トレ
   ・毎日1時間目に設定。
  ・基礎学力と学習習慣の定着を図るため、個々のペースにあわせたドリル活動(数学・国語)、基礎体力づくり
  (
体育)を行っています。
A1・2時間目固定の時間割
・毎日1時間目を「基礎トレ」、2時間目を「チャレンジ」と固定することで、毎日の生活リズムをつくれるよう工夫しています。
(3)社会自立に向けた経験づくり、キャリア教育
@チャレンジ
・自立活動のカウントで作業的な活動を縦割りで行っています。(被服・木工・農園芸)
・技能面よりも、あいさつ、報連相、継続する力など、取り組み方や取り組む姿勢に重きをおいています。
A現場実習(学校設定科目「キャリアデザイン」として実施)
・卒業後の社会自立を目指し、春と秋にそれぞれ2週間実施。
・1年生は校内実習や職場見学、2・3年生は個々に事業所に出て実習。
Bステップ(総合的な学習の時間)
・コミュニケーション力や社会に出てから必要となるスキルを伸ばすため、SSTと進路学習とで年間計画を作成し実施しています。
CHR、特別活動(生徒会)、行事
・調理活動、買い物学習、バスや電車の交通公共機関などの利用等、生活経験や社会経験を積んでいけるよう体験学習を取り入れています。
・仲間と協力し合う場面を多く設定し、コミュニケーション力を高められるようにするとともに共同作業に参加するよさや達成感を味わえるようにしています。  
Dカルチャー(自立活動のカウントで実施)
・週1時間のクラブ活動。(本年度は、パソコン、運動、音楽)
・余暇の過ごし方やストレスの発散の仕方などをみつけられるようにしています。

3 学習・活動の様子 (令和2年度)

 4-5月               

   トップページに戻る