本校は、昭和46年に開校した歴史と伝統のある病弱教育に特化した特別支援学校で、今年で創立50年目を迎えます。四季折々の自然を感じることができる学び舎では、全校児童生徒42名がそれぞれの願いを持ちながら、いきいきと学校生活を送っています。

1 心身共に健康な人になろう

2 強い心を持ち 明るく生活する人になろう

3 友だちを大切にして 仲良く協力する人になろう

4 学習の仕方を学び 自ら学ぶ人になろう

 

 

上記の教育目標の実現に向け、児童生徒一人ひとりのニーズに応えながら、自立と社会参加を目指し、職員一同が日々の指導に当たっています。今年度は、学習指導の充実と、自立活動での学びを基にしたスムースな復学やキャリアサポートの推進に取り組んで参ります。

昨年度来,新型コロナウイルス感染予防対策のため,日々の学習や学校行事等,活動が制限されました。現在も先が見通せない状況が続き,今年度も「児童生徒の命と健康を守ることを最優先」し,日々の学習活動、学校行事等の内容や規模等を工夫しながら進めてまいります。「今できること」「これならできること」を学校職員、そして児童生徒と共に考え作り出しながら、一つひとつの教育活動が,児童生徒の成長につながるよう努めてまいります。

 本校の主人公である児童生徒たち自身はもとより、保護者の皆様、地域の皆様の思いをしっかりと受け止め、教職員が一丸となり皆様から応援していただける学校づくりに努めてまいります。保護者や地域の皆様,関係機関の皆様には,これからも多くの御支援と御協力をお願いいたします。また、お気づきの点やご要望など、お気軽にお寄せ下さい。

令和3年4月       校長  小松 恭子