1.教育目標
・ 心身共に健康な人になろう
・ 強い心を持ち 明るく生活する人になろう
・ 友だちを大切にして 仲良く協力する人になろう
・ 学習の仕方を学び 自ら学ぶ人になろう
    
2.教育方針

   
 校歌でうたわれている「楽しい学校」「明るい教室」さらに、「優しい教育」を目指して、医療、家庭、地域の皆様との密接な連携のもと、 一人一人がもつ能力や可能性を最大限に伸ばし、自立し社会参加するために必要な力を培うため、学習や生活上の困難に応じたきめ 細やかな指導や必要な支援を行います。

3.学校の沿革
 昭和30・5 若槻小・中学校養護教室として授業開始。教員1人、児童生徒38人。 
 昭和31・4 若槻小・中学校分室として認可。教員2人、児童生徒51人。
 昭和34・4 北部中学校が新設され若槻小・中学校分室は北部中学校分室と改称。
 昭和35・4 若槻小学校・北部中学校療養所分校と改称。
 昭和46・4 長野県若槻養護学校設置。重心病棟で我が国初の教育開始。
       病弱部17人、重心部3人(現在「のぞみ部」)
 昭和53・4 若槻養護学校東松本病院分室が認可となる。
 昭和58・4 同分室が独立、寿台養護学校となる。
 平成11・4 本校のぞみ部卒業生が長野養護学校高等部訪問教育対象となる。
 平成16・4 本校に高等部設置。病弱部5人入学、のぞみ部3名が長野養護学校から編入学。
 平成17・4 過年齢者の高等部訪問教育が開始され、のぞみ病棟入所の19人が新入学。
 平成22・3 耐震補強工事完成。
 平成28・3 のぞみC棟2人の卒業をもって過年齢者の高等部訪問教育が終了となる。

4.校章
テキスト ボックス:  
○3つの松とその若芽
・小学部、中学部、重心部の3部
・健やかに生きていこうとする力を秘めている
○たんぽぽ黄色の花びら
・花びらひとつひとつは児童生徒ひとりひとりをあらわす
○たんぽぽ3つの葉(健康回復の願い)
・強い意思を持ち、生活規則を 守って生活する。
・豊かな心、きれいな心を持ち、何事にもがんばる
・相手を尊敬し、協力し合って気持ちのよい学校にする
トップページに戻る