須坂高校室内楽部

室内楽部紹介

☆ 須坂高校で室内楽を始めてみませんか。

弦楽器の魅力は、ベートーヴェンやブラームス、チャイコフスキーなどの古今の大作曲家の作品を演奏できて、その魅力に直接触れることができることです。また、弦楽器独特の音色はとても柔らかくて暖かく、耳にうるさくありません。
これから須坂高校に入学するみなさん。須坂高校で新しい音楽を始めてみませんか(*^。^*)

☆ ほとんどが初心者です

メンバーのほとんどが初心者です。例えば、1年生6人の内4人が須坂高校に入学してから弦楽器を始めました。
でも、先輩が譜面の読み方や奏法の基礎からきちんと教えるので、確実に上達します。
合宿などを経て、7月には曲が弾けるようになり、りんどう祭で初ステージです。
もちろん経験者も入ります。やはり、一人で弾くより合奏した方が楽しいですね。曲種も広がります。
メンバー(2016年度)
   1年生・・・6名    2年生・・・4名    3年生・・・12名(7月に引退)
   1・2年生のパート   ヴァイオリン・・・5    ヴィオラ・・・2    チェロ・・・2    コントラバス・・・1  

音楽部と室内楽部は、第9回合同定期演奏会を開催しました。

平成29年3月20日(祝日) 午後2時開演 会場 須坂市メセナホール 大ホール

当日は多くの皆さんにご来場いただき、ありがとうございました。
また、スポンサー様、地域の皆様はじめ、開催にあたりご支援、ご協力いただいた方々に、心よりお礼申し上げます。
今年も音楽部、室内楽部の多くのOB・OGの皆さんにご出演やお手伝いをいただき、現役生のステージに花を添えてくださったり、側面から支えていただきました。
今回は、音楽部、室内楽部それぞれのステージの他に、OB・OGとの合同演奏や、音楽部と室内楽部合同の寸劇を交えたステージを企画しました。
寸劇の舞台は、山の中のとある学校。
その中の合唱部と弦楽部が、ひと悶着あった後に和解して合同演奏するまでの騒動を、音楽部員の脚本で描いたものです。
その様子を幾つかご紹介します。

音楽部 ア・カペラ「天体観測」

音楽部 OB・OGとの合同演奏

室内楽部現役生
「ディヴェルティメント」

室内楽部1年生の学年演奏

室内楽部2年生の学年演奏

室内楽部 OB・OGとの合同演奏

寸劇 その一
 "もめ事"

寸劇 その二
 アラジンとジャスミン登場

寸劇 その三
 "これは何の楽譜?"

寸劇 その四
 "みんな頑張ろう"(手に魔法の杖)

寸劇 顧問もひと役

音楽部・室内楽部 合同演奏
 「グローリア」

記念撮影(みんな笑顔)

打ち上げ(みんな頑張った)

打ち上げ(みんな美味しそう)

打ち上げ(みんな満足)

打ち上げ(みんな満腹)


定期演奏会のご案内

須坂高等学校室内楽部と音楽部は3月に合同で定期演奏会を開催します。

 三部構成で、室内楽部・音楽部・合同のステージです。
合同の内容は現在検討中で、お客様に、弦楽合奏と合唱のコラボレーションを楽しんでいただけるものを企画します。
部員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
日 時  平成29年 3月20日(月・春分の日)   開演 午後2時
会 場  須坂市メセナホール 大ホール
入場料  無料

あけましておめでとうございます。1月に二つのオーケストラフェスティバルに参加しました。

1月5日は「全国高等学校選抜オーケストラフェスタ」

1月5日は「全国高等学校選抜オーケストラフェスタ」で、東京都文京区の文京シビックホールで開催されました。
これは日本の高校オーケストラクラブの全国大会にあたるもので、大会名の通り選抜されて出場します。須坂高校は数年前から、屋代高校・長野西高校と共に三校合同で出演しています。
演奏曲 … メンデルスゾーン作曲   弦楽のための交響曲 第10番
10月から数回の合同練習で仕上げました。三校で友人もでき、合同ならではの普段は経験できない音の厚みを楽しみながら演奏しました。

本番30分前のリハーサル チェックポイントは?

30分後には本番です。上手く行きますように。

そして本番です 緊張します

おかげさまで、本番はうまくいきました


1月9日は「長野県高等学校オーケストラフェスティバル」

1月9日は「長野県高等学校オーケストラフェスティバル」です。松本のキッセイ文化ホールで開催されました。この演奏会では須坂高校は四つのステージに出演しました。
1,須坂高等学校室内楽部単独      (ドヴォルザーク作曲  弦楽セレナーデ 第2楽章)
2,東北信高校選抜オーケストラ     (モーツァルト作曲  交響曲第38番)
3,屋代・長野西・須坂高校三校合同    (メンデルスゾーン作曲  弦楽のための交響曲第10番)
4,全県高校選抜オーケストラ      (モーツァルト作曲  歌劇「劇場支配人」序曲   ベートーヴェン作曲  エグモント序曲)

古典派、ロマン派、国民楽派と様々な様式の音楽を演奏できて勉強になりました。特に交響曲一曲を演奏するのは、普段はできないことなので貴重な経験になりました。

1 須坂高校単独

2 東北信選抜オーケストラ

3 屋代・長野西・須坂三校合同

4 全県選抜オーケストラ

年間活動計画と今年度演奏曲

年間活動計画

 4月  1年生歓迎演奏会
 5月  合宿
 7月  りんどう祭
 8月  全国高等学校総合文化祭
 9月  文化系クラブ交流会
 11月  北信高等学校合同音楽会
 12月  須坂市内高校合同音楽会
 1月  全国高校オーケストラフェスタ
 3月  室内楽部・音楽部合同定期演奏会

今年度(2016年)の演奏曲

・ハンガリー舞曲第5番(ブラームス)
・ディヴェルティメント ニ長調 (モーツァルト)
・ホルベルク組曲(グリーク)
・春の声(ヨハン・シュトラウスⅡ)
・弦楽のための交響曲第10番(メンデルスゾーン)
・弦楽セレナーデ(ドヴォルザーク) ・愛の挨拶(エルガー)
・「エグモント」序曲(ベートーヴェン)[長野県高校選抜オーケストラとして]
・「フィレンツェの思い出」より 第2楽章(チャイコフスキー)  [同上]
・交響曲第38番(モーツァルト) [東北信高校選抜オーケストラとして]
・アシタカせっ記(久石譲)
・「千と千尋の神隠し」より"千尋のワルツ"(久石譲)
・「魔女の宅急便」より"海の見える街"(久石譲)
・にじいろ(絢香)・勇気100%     などなど

下に掲載した写真1~5は、平成28年度全国高等学校総合文化祭に、長野県高校選抜オーケストラのメンバーとして参加し、
広島へ行った時の写真です。
全国レベルの演奏を聴き、また長野県内の管弦楽・室内楽クラブ生徒の友達もでき、とても楽しいものでした。
また、被爆地広島の「平和記念資料館」や「宮島」を見学し、とても有意義な経験をしました。
このような経験ができるのも、クラブに入ったからこそ出来るものです。
高校に入ったら勉強も頑張り、クラブにも入りましょう。社会へ出ても役立つ大切なことが身につきます。

1,長野県高校選抜オーケストラ ホテルでの練習

2,ステージ衣装

3,全国高校総文祭での演奏

4,ホテルでの親睦会

5,広島平和記念資料館見

6,毎日活動している音楽室

7,パート練習の一コマ

8,合奏前のセクション練習

この見出しはh2タグです

このボックスは、class="box1"と指定すれば出ます。ここに画像を置く場合、PC環境だと幅198pxまで。それ以上だと自動縮小されます。

この見出しはh2タグです

ここのスペースも使えます。ここに画像を置く場合、PC環境だと幅230pxまで。それ以上だと自動縮小されます。