メニュー

幻龍プロジェクト作品「幻龍」披露映像を公開します

 3月1日(月)の昇龍会(3年生を送る会)にて1・2年生有志を中心に在校生全員と教職員全員から3年生に向けて実写+プロジェクションマッピング作品「幻龍」の披露が行われました。この作品はKDDI株式会社・株式会社アソビズムの方々と共創し、半年間もの歳月をかけて作成しました。
 当日の様子を動画にて公開いたします。
 
 以下、プロジェクトリーダーからのコメントです。  
 須坂高校史上初めての試みであった、実写とプロジェクションマッピングでの映像作品「幻龍」。 卒業する3年生に対する感謝の気持ちと、これからは我々が学校を引っ張って行きます、という決意の気持ちを表現するために、メンバー一同奮闘し制作しました。総制作期間6ヶ月という長期間での作業となりましたが、その中で、電気通信事業者であるKDDI株式会社さん、アプリケーション制作会社である株式会社アソビズムさん方のご支援のおかげで、制作に関わった生徒も大きく成長することができた活動でした。新たな技術の中に、須坂高校の校訓である「熱、意気、ガリ」を感じられる「幻龍」をぜひご覧下さい! プロジェクトリーダー 青木綾哉


                        ↑英語字幕バージョンも作成致しました。是非ご覧ください。






 トップページへ戻る