TOP

学校長挨拶


ごあいさつ

 諏訪実業高校のWebサイトをご覧いただきありがとうございます。

 本校は、高島裁縫専修学校、諏訪商業学校、下諏訪実科高等女学校を前身として、令和2年度に百周年を迎え、新たなる百年に向けて、次のステップに入りました。この間全日制、定時制あわせて2万3千人を超える卒業生を数え、地元諏訪地域はもとより、日本全国、そして世界各地でも活躍されております。

 現在は、ビジネスの幅広い分野を学ぶ「商業科」、時代の進展に対応できる高い専門性を重視した「会計情報科」、デザインや創造の喜びを学ぶ「服飾科」の3学科による全日制課程と、昼間働き夜学ぶ定時制課程普通科をもち、合わせて492名の生徒が、この学び舎に集っています。

 本校では、ビジネスやファッションについて専門的に学びますし、さらにそれを実践していく場も授業や行事の中にたくさん盛り込まれています。そして、授業における実践的経験を重ねることで、社会に出てすぐ活躍することができる即戦力の人材を育てる、それが本校の使命であると思っています。故に、就職率は100%、「高校を出て、社会ですぐ活躍をして地域に貢献し、世界にはばたく」そんな夢を叶える場所が諏訪実業高校です。

 もちろん、スペシャリストへの道も叶います。商業、服飾の専門性を高めるべく大学、短期大学に進学する生徒も多く、昨年度は25名が大学、短大に進学しています。専門性の追究といえば検定合格による資格取得があります。専門高校ゆえに各種検定に全員が積極的に取り組み、一昨年度の3年生には9種目ある検定のうち、8種目で1級を獲得するという「全商8冠」を達成し、その称号で大学に進学した生徒もいます。「資格を取得し、大学に進み、専門性をさらに高めて、世界へ」この思いが叶うのも諏訪実業高校です。

 就職しても、進学してもすぐに活躍できるよう、諏訪実業高校では自分を大切にし、周りの人を敬い、思いやることができる丸い豊かな心を育みたいと思います。地方の時代への大転換の中で、諏訪実業高校はいち早く皆さんの人生をサポートできる環境を整えます。もちろん、クラブ活動も一生懸命です。人数は少ないですが、その分濃密に活動していますので、皆さんの力を結集すればさらに強くなります。 「夢をかたちにするプロフェッショナルを育てたい」それが諏訪実業高校の願いです。ともに学ぶ日が来ることを楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

2022年4月

 

長野県諏訪実業高等学校長  加藤 尚也