長野県上伊那農業高等学校

チェーンソー実習に向けて事前学習①

里山コース

9月20日(金)

 伊那市内の里山において、長野県上伊那地域振興局林務課及び上伊那林業士会の皆様にご指導等頂きながら実施するチェーンソー実習が10月21日、28日と2日間予定されています。
しかし、参加する2年里山コース20名の生徒のほとんどは今までチェーンソーを触ったり、操作したことがない生徒ばかりです。

 そこで今回事前学習①として、チェーンソーの使い方や絶対にしてはいけない操作、使用後のメンテナンス等について学習を深めました。

 参加した生徒たちはまず担当職員より詳細を聞いたのち、担当職員が行う伐倒の見本をみました。
その後、中の原農場に移動して、一人2本の造材を行いました。造材したものは、すぐに薪割機にかけ、そのまま炭窯へ運び、後日炭として取り出される予定です。

 次回は事前学習②として、伐倒する木の選別の仕方などについて学習を深める予定です。

事前学習の様子