長野県上伊那農業高等学校

小型建機実技講習

里山コース

7月25日(木)

 里山コースでは、毎年資格取得にも積極的に取り組んでいきます。

 理由は、建設や建築現場、製材現場などでは、小型建機やフォークリフトなどの機械を使用する時があるため、即戦力となれるような人材を高校生のうちから育成したいと考えているからです。

 夏季休業を利用して、その一つである小型建機の実技講習及び学科講習を開始しました。
 参加した生徒たちは、中部技能労働センターの4人の先生方に、実際の小型建機を個々に動かしながら、操作方法のコツや絶対にやってはいけない操作など学んでいきました。
 最初動きがちぐはぐだった生徒も、午後の実技試験を終える頃には、スムーズに操作できるようになるなど、見違えるほど上達していました。
 2日間、暑い中、テントを張るなど熱中症に注意しながら、最後まで一生懸命とりくんでいる姿はとても印象的でした。

講習の様子