長野県上伊那農業高等学校

セオドライド15分設置テスト

里山コース

7月10日(水)

 緑地創造科3年及び2年里山コースでは、測量に関わる技術を実習を通じて深めています。
測量では設置の段階からいかに正確に、かつスムーズにできるかが大事です。そのため、測量実習の導入としてセオドライド設置練習を繰り返し行ってきました。
先日、2年里山コース20名を対象に、3年生と同様なセオドライド設置15分テストを実施しました。練習段階で苦戦をしていた2年生でしたが、徐々になれ、本番では全員一発合格することができました。
今後は、さらに細かな使い方、及びコツを覚え、角測量など実践的な技術に関する学習を深めていく予定です。

実習の様子