長野県上伊那農業高等学校

3F・一学年学校林実習

5月23日(木)

緑地創造科3年生が運営指導役となった一年生全員を対象とした学校林実習を実施しました。

緑地創造科3年生の中で、本部役、クラス指導役等を事前に分担し、怪我等の事前防止をしっかり1年生へ話をしたのち、当日を迎えました。
当日は大変気持ちの良い晴天の中、開会式・入山式を行ったのち、さっそく分担された場所にて黙々と学校林作業を始めました。
時よりくる涼しい風の中、時間制限いっぱいまで取り組むことができ、とても有意義な時間を演習林の中で過ごすことができました。

今回の実習を通して、少しでも里山に興味を持ってほしい、里山、森林の魅力を少しでも感じてもらえたらうれしい、と緑地創造科3年生全員考えています。

最後に、掲載した新聞記事は長野日報社の許諾を得て、掲載しています。

実習の様子