長野県上伊那農業高等学校

コンクリート板を用いた歩道作り

環境エンジニアコース

2019年11月1日(金)

 以前コンクリート版の製作を通して、コンクリートの作り方を学習してきました。その後、一人2枚を5回ほど繰り返し合計100枚ほどのコンクリート版を製作してきました。
そして、校内景観向上を目的に、先日、コンクリート版を用いた歩道作りを始めました。

 はじめに、メジャーやスケールなどを使い道の大きさや長さをしっかり図ったのち、正確にできるようにその後、丁張りを行いました。
丁張り後はまっすぐな歩道ができるよう丁張りに絶対に触らないよう十分注意しながら、丁寧に砂利や砂を取り除いたり、水平器を用いて水平にしたりなど様々な工夫をしました。

 実習が始まると班ごとにそれぞれ生徒内で相談しながら、無口になり夢中で丁寧に行っている姿がとても印象的でした。


実習の様子