長野県上伊那農業高等学校

中の原農場での現地測量

環境エンジニアコース

2019年9月13日(金)

 環境エンジニアコースでは、15分設置テストや測角実習などしながら測量に関わる技術を高めてきました。
そして先日、その実践として、第二農場でもある中の原農場にて現地測量実習を始めました。

 事前に打ち込まれた測量鋲は16点。その16点をトランシットを用いて角度を測り、後日測量した角度から図面化して形をもとめるという内容です。
前回の授業では打ち込まれた16点を歩いて確認し、その後さっそく決められた点から測量し始めました。

 生徒たちは測量鋲の位置からなんとなくの形はイメージできたものの、実際の角度や正確な形は知らされていないことから、ワクワクドキドキしながら測量していました。
どんなに少ない数値の誤差でも図面化した形は大きく違うことから、正確に誤差なく測量できているか今後が楽しみです。


実習の様子