学校長あいさつ

飯山養護学校 校長  高山 和浩

 

 


 本校は、中野・下高井、飯山・下水内地域からの熱い要望と期待を受けて、平成3年度に開校し、保護者や地域の皆様からのご理解とご協力により、本年度(2020)は、開校30周年を迎えました。
 本校の沿革は、まさに「平成」の時代と共に歩んできました。30周年を迎えた今年度、現在の児童生徒の実態や地域の特性、これからの新しい学校づくりの観点を踏まえて、新しい教育目標を立てました。
 「夢や希望に向かって、自分のよさを発揮し心豊かに生きる人を育てる」を教育目標に据え、児童生徒・教職員・保護者や地域の皆様と共有する合言葉を「『わくわく』『げんき』『えがお』あふれる学校」としました。これまで親しんできた“「げんき」「やるき」「こんき」「なかよし」の学校”の合言葉の精神も大切にしながら、新しい合言葉で日々の学校生活を充実させていきたいと思っております。
 そのために、教職員間のチームワークを機能させ、保護者との信頼関係を築き、児童生徒と教職員が心と心でつながる教育実践をしてまいります。また、地域の特別支援教育のセンターとしての役割もこれまで以上に取り組んでまいります。
 児童生徒にかかわる皆様のご支援、ご協力を今後ともよろしくお願いいたします。