学校長挨拶

 北アルプスを仰ぎ見る風光明媚な安曇野に位置する穂高商業高等学校は、 大正3年に地域の強い要望により長野県学校組合立南安北部農学校として設立されました。以来、時代の要請により教育内容や校名の変遷を経ながら、昭和46年に現校名である長野県穂高商業高等学校となり、本年創立108年目を迎えました。これまで本校は、長野県の中信地区唯一の県立商業高校としてビジネス教育の中核的役割を担い、14,000人を超える卒業生を地域に送り出してきました。
 平成18年には松本大学・松商短大と、平成28年には松本信用金庫と、平成30年には安曇野市とそれぞれ連携協定を結び、学びの場を学校の教室に留めるのではなく地域全体を教室へと広げています。
 本校の教育重点目標の中に「自学・自立・共生」があります。日々の学習や部活動、生徒会活動や学校行事などにおいて、一人一人が、誠実に、ひたむきに、「自主的」に、「学び」を重ねるとともに、互いに対等の立場で学び合い、共に助け合いながら「共生」し、自分の力で伸びていくことを求めています。互いが切磋琢磨しあい、「感謝」しあえるような良い人間関係を築いて欲しいと願っています。
 また、常識を恐れることなく、つねに自分を信じて進み、チャレンジしてほしいと望みます。
 本校において思う存分自分探しの高校生活や学びを楽しんで欲しい、素敵な自分を見つけて欲しいと願っています。そのために、われわれ教職員一同、精一杯高校生活や学びを支え、応援してまいります。

令和4年4月
長野県穂高商業高等学校 学校長 有賀 浩