職員ブログ[チーム あなん]

今年度最後のブログ更新になります。
阿南高校の職員ブログを見てくださった方々、ありがとうございました。私は約9ヶ月間ブログを更新してきましたが、大変見にくいブログになってしまい申し訳ありませんでした。ですが、先生方に提出していただく内容に自分自身楽しませてもらっていました。もし来年度も続いていくのなら、とりあえずページの切り替えに挑戦したいと思います。    323日 上原京


阿南町に住み始め、丁度一年が経とうとしています。赴任した時には見えなかった物が段々とわかり、充実した生活を送れるようになってきました。阿南町には・・・・・

綺麗な自然があります。
筋トレに勤しむこともできます.

美味しいコーヒーとケーキで優雅なひと時を過ごすこともできます。(写真のケーキは豆腐ケーキ。美味しかった!)

お洒落で美味しいピザを食べることもできるのです。

そして、阿南高校には、英語の勉強を頑張る生徒がいます。最初は辞書なんて・・・と言っていた生徒も今や得意になって頑張っています。熱い想いを持った生徒が沢山いるのです。 

繊細な手先を持った生徒もいるのです。
阿南は面白い!                 Gen  


百聞は一見に如かずということわざがあるが、聞かないよりは聞いた方がまだましである。

2月は部活もオフシーズンで学校行事もそこまで多くないため、勉強にはふさわしい月であろう。

校内ではななんセミナーなる勉強会が毎月開催されているし、同僚の先生と一緒に県外までセミナーにも出かけた。ひとりでふらっと授業見学に行くこともあり、聞も見もバランスよくと考えて行動している。

校内の先生方と語り合う時間も、他県の先生方と語り合う時間も、先生でない方々と語り合う時間もそれぞれ刺激的な時間である。忙しかろうと忙しくなかろうと質の高い時間を送っていきたい。



阿南高校に赴任してきたからもうすぐ1年が過ぎようとしています。
思い返せば、まだ右も左も分からず不安でいっぱいだったが、まだまだ至らない部分は あるものの段々と仕事ができるようになり、ほっとしている今日この頃です。
さて、話は変わりますが、この年末年始に実家に帰省すると、小学校のときの担任の先生から、年賀状が届いていました。よくよく見てみると住所が飯田市になっており、かなり近くに住んでいて驚きましたが、さらに驚いたのは、先生も阿南町の小学校で先生をやっていたのです。また、さらにさらに驚いたのは、先日病院に行ったとき、昔、足を手術してくれた先生が、今阿南病院で働いていたのです。こんな偶然があるのでしょうか?私の人生の中で恩師といえる人が、2人も阿南町の中にいて、しかも自分も阿南高校で働いている。あまりオカルト的なことは、信じていませんでしたが、これほど重なると信じずにはいられません。

もしこれが、神様の仕業だとするならば、自分が阿南町に来たのは何か意味があるのかもしれない。 

「業務連絡」
体育館床の工事、トイレの洋式化工事で生徒・職員・来校者のみなさんにご迷惑をおかけしますが、ご了承ください 

                               (文責 HR




郵便ポスト

阿南高校の生徒昇降口の横には郵便ポストがあります。投函するには、校門から学校敷地内に入って来なければならないので、一般の人が利用しているのは見たことがありません。11回集配があり、我が家の郵便物の大半はこのポストへ投函しています。

 学校の敷地内に郵便ポストがあるのは珍しく、私立の学校が自費で私設のポストを設置しているのはあるそうです。

 ポストの存在を知らない生徒も多く、知らずに卒業している生徒も多数いると思われます。もうすぐ卒業式です。ぜひ、卒業記念にこのポストを利用して、お世話になった方に手紙などいかがでしょうか。

 阿南高校が地域に根差した公共施設として存在しているからこその郵便ポストではないかと思います。(K)



先の見えない・・・!?

 下の写真をご覧ください。阿南高校から早稲田信号に向かって坂を登って行くと、「虹のホール」の看板が右手に見えます。その先にこのカーブミラーが見えてきます。カーブミラーの役割は、先の見えないカーブの先をドライバーに示してくれるものであり、非常に大切な設備です。毎回通過するときに感じるのは、自分の姿ばかりが見えていて、どこを見せてくれているのだろう?ということです。

 進路を決めていく高校時代。さまざまな選択肢があって、どの方向に進むのが「ベスト」?「ベター」?なのか。先が見えないことは不安を増大します。その中でも自分の生きる道を選ばなければなりません。車は道が先を示してくれているので、それに従えばまず大丈夫なのですが、「進路」はそうはいきません。自分で選択しなければ決まらないのです。さまざまなカーブミラーを見て、さまざまな情報を手に入れながら、最終的な決断を「自分」でしてほしいと思います。



走らないと・・・ 

 あっという間の1年でした。先週、年間通しての研修も終わり1年間の納めの時期にきたのを実感しました。学んだことを今後に生かしたいと思います。

 さて、この地に赴任にして冬と言えば先週行われた「新野の雪祭り」が有名みたいです。私は行けませんでしたが、この地にいるうちに行ってみたいものです。もう一つは、「梅花駅伝」です。梅花駅伝を知らなかった私は、町でやる小さな駅伝を想像していましたが、全く異なるものでした。参加チームは100を超え、県内の強豪チームも参加するそうです。スポーツで地域が盛り上がるのはとても良いことだと思います。今年も職員チームで参加します。梅花駅伝まで、残り27日。たすきを最後までつなげるように準備をしたいと思います。あっ、私は補欠でした(笑)。何か起きた際のスーパーサブとして、万全の準備をしていければと思います。梅花駅伝は216日(日)です。       (N.K)


2020年がスタートしました。

今年も阿南高校をよろしくお願いいたします。

「新野の雪祭り」

 114日夜から15日朝にかけて、阿南町新野地区で行われる「新野の雪祭り」に職員7名で出かけてきました。これは室町時代から五穀豊穣を願って、伊豆神社で夜を徹して行うお祭りです。国の重要無形民俗文化財にも指定されています。中でも、地区の方が神様(幸法・さいほう)に扮しての「神楽の舞」は華麗で歴史を感じる感動なものでした。祭りの二部「茂登喜」では、本校1年生○○君の華麗で力強い舞を見学することができました。雪祭り当日に雪が降ると、その年は豊作になると言われているようです。今年は雪が降る中でしたので、豊作間違いなしですね。  

私たち職員は、夜中1時過ぎに神社に到着し、3時半過ぎまで見物して自宅に戻りました。仮眠をとっての勤務を心配しつつ下伊那の伝統文化に触れる素晴らしい機会となりました。

皆さま、郷土芸能が数多く残る素晴らしい町、阿南町へお越しくださいませ。

7月から始まった職員リレーブログですが、今後は毎週月曜日1回の更新となります。

校長 上原 浩子



2019年最後のブログ更新になります。

阿南高校職員ブログファンの皆さま、一年間大変お世話になりました。

日頃より、阿南高校の教育にご協力とご理解をいただき誠にありがとうございます。

阿南高校は本日終業式を迎えました。校舎内の清掃も終了し、玄関に地域の材料を使用した立派な門松としめ縄が飾られ、華道部の生徒が生けてくれたお花も華やかさを添え、新年を迎える準備が整いました。とりわけこの立派な門松は商業科の森岡先生が作ってくださったものです。

私自身は忘年会に出席し、明日帰省します。

2019年は大変お世話になりました。

阿南高校は2020年も思いを新たに前進して参ります。

来年はいよいよ東京オリンピックも開催されますね。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。

1227日 校長 上原 浩子


我が家のペット

キジトラのマキとパピオンのミキ。朝早くから起こしてくれます。
私はもう少し寝かしてもらいたいです。ミキが家に来てからマキのご飯が早く無くなるのがおかしく思いました、そしたらミキがたべていました。動物病院で聞くと「犬と猫を一緒に飼うとよくある」と教えてくれました。


本校に勤務して早9ケ月が過ぎました。通勤は、飯田の市街地から1時間弱かかりますが、ラジオを聴いたり、景色を見ながら心地よい時間となっているかなと思います。日々の授業や学校生活にも大分慣れ、張り合いもでてきました。週末時間のある時は、息子の少年野球に行って少し体を動かしています。()

















<薪ストーブ本番へ>

飯田の生活が決まった後、長年の希望していた薪ストーブがわが家へ加わりました。毎年11月から4月の半年間は薪ストーブにお世話になっています。薪の調達や準備は私ではなく、一番楽しい焚きつけを毎日担当しています。薪を入れ、納豆の容器を開き、割りばしや焚き付けを乗せ、1本のマッチで着火、炎は少しずつ大きくなり全体へまわります。温度が200度くらいまで上がるまでは他の用をして過ごします。その後、空気の調節をして炎を眺めながらゆっくりとが理想ですが、平日はバタバタしています。ストーブを眺めているだけでゆったりと心も落ち着きとてもリラックスできます。温かく、木の香りとともに生活でき興味のある人にはとてもおすすめです。まだまだ知らないことも多いのでいろいろ教えてください。よろしくお願いします。

飯田下伊那は果樹も多く支障木もあり薪は豊富です。豊富にするためのつながりも楽しみの一つです。阿南町の方から薪を頂いたこともあります。次は生活への利用をについてに続きます。(M


1226

本日、12:30〜軽音楽部のクリスマスLIVEが行われるそうです。

吹奏楽部とのコラボ企画もあるそうで、どんな演奏をしてくれるのかとても楽しみですね。

昨日は図書館でのクリスマス会が行われ、ダンス同好会による発表をはじめ、先生方のダンス発表もあり、大盛り上がりだったようです。(見に行けなくて残念・・・)

阿南高校の部活や同好会は少人数での活動が多いですが、自分の好きなことに打ち込める環境があることは、とてもありがたいことだと思います。

決して楽しいことばかりではない練習の日々ですが、「がんばってよかった!」と思える瞬間は必ずあります。

きっと、今回ステージに立った生徒たちもそう感じるのではないでしょうか。

続けることに大きな意味があると思います。

一生懸命取り組んだ経験が、今後の人生の大きな力になることを信じています。

今村 芙美




今年から阿南高校へ赴任したのですが、伝統芸能に関する取り組みが盛んであり、これを契機に(伝統芸能を)少しでも学んでみようと思い立ち、阿南町内の代表的な伝統芸能が集うというイベントに参加しました。(五平餅、焼き鳥などの屋台が、無料で利用できるのに惹かれたのが本音です。)

 好天に恵まれ、阿南町内外から大勢の方が参加して大盛況でした。

 その時の様子を紹介いたします。

 <早稲田人形>

 

 

 









<新野の盆踊り>

思考の吹き出し: 雲形: 意外と動きが複雑で、覚えるのが大変かと思いました。

 

 

思考の吹き出し: 雲形: 大盛況の賑わいです

 

 









 



<和合の念仏踊り>

思考の吹き出し: 雲形: 躍動感溢れる激しい踊りに驚きました。




 

 








 

<新野の雪まつり>

 

 

 

思考の吹き出し: 雲形: 幸法さんが近くへ来てくれて感激です。



 

 通常なら夜中に一晩かけて見なければならないような伝統芸能を、そのさわりだけでも一度に見ることができて貴重な体験でした。

 今後、是非本物を見てみたいと思います…が、生来物ぐさなもので実現できるかどうか?

                              (事務室K)



本校での陸上部顧問としての生活も7年目となりました。今回は、阿南高校の練習環境についてお伝えしたいと思います。

本校陸上部は少ない人数ながらもここ10年ほどは、2008年(男子800m)、2010年(男子やり投)、2016年(男子やり投)、2018年(女子やり投)と投てき種目を中心にインターハイ出場を果たしています。

他校との距離が遠く、近い学校でも約30q離れており、日頃他校の生徒と切磋琢磨するということに関しては、阿南という立地は不利かもしれませんが、「阿南だからこそできる!」という部分も多くあると考え、練習環境も少しずつ整備してきました。今日は、本校陸上部の練習環境についてご紹介します。

投てき種目は、砲丸投サークル(写真左上)円盤・ハンマー投サークル(写真右上)やり投ピット(兼幅跳び助走路、写真右下)があります。グラウンド半分は陸上部の練習スペースとなっており、投てき4種目が常時できる学校はおそらく南信地区では本校だけではないかと思います。

また、ウエイト場(写真左下)も倉庫を整備して暑さや寒さを避けて集中してトレーニングができます。それに加えて学校の周りは平地が少ないことを利用して、坂道トレーニングがふんだんにできる環境にあります。

このような練習環境ですが、現在は部員が少なく、施設を持て余している状況です。このブログを見かけた方がいらっしゃいましたら、学校を訪れてぜひ一緒に練習をしましょう。ご連絡お待ちしています。

また、冬は雪もほとんど降らず、12月、1月もグラウンドで練習ができます。北信出身の私としてはこんなにありがたい環境はなかなかないと密かに思っています。

以上、本校陸上部の練習環境についての紹介でした。

陸上部顧問



こんにちは。ななんです。


阿南高校のキャラクターとしてデビューしました。よろしくお願いします!

阿南町の豊かな大自然の中からやってきました。阿南高校創立70周年の年に生まれたので「ななん」です。

スクールカラーのえんじ色ANANAの形をベースに、春先ににょきにょきと伸びるタケノコや わらび、美しく柔らかい茶葉、黄金色の秋の稲穂…どれも生徒が手入れや収穫して関わる自然のものがモチーフになっています。

雄大でおおらかな天竜川の水、おいしい空気、外を見渡せばどこも絶景。こんな良いところでのびのびと高校生活が送れるって素晴らしい!きっと都会の学校では味わえないですね。

おっと忘れちゃいけない、大事な相棒がいつも隣にいます。この子は「あなんちょう」です。

そのまますぎるって?

阿南高校のある阿南町は長野県で唯一「町」を「まち」ではなく「ちょう」と呼ぶのです。東日本では「まち」、西日本では「ちょう」と呼ぶことが多いそうです。阿南町は長野県の最南端で東海地方に近く、影響を受けたのではないかと言われています。

そんな珍しい名前だからこそ、そのまま「あなんちょう(あなん蝶)」なんです!

ななんとあなんちょうは、これからも阿南高生と共に地域を明るく元気にしていきます。ぜひ、阿南高校に会いに来てくださいね! 

通訳:芸術科(美術)こばやし


ニュースポーツの中に小学生から高齢の方まで気軽に楽しめるものがあります。

地域で体験会があり、いくつか参加した中で、十数年続けているものに

「ワンバウンドふらば〜るバレー」というものがあります。

ワンバウンドふらば〜るバレーとは、

・おむすびみたいな変形したボールを使う、バレーボール型スポーツです。

・軽いボールのため、スピードが遅く当たっても痛くありません。

・飛ぶ方向が予測不能。

・コートはバドミントンコートで5人ずつコートに入ります。

・サーブはコートの中央からアンダーハンドで相手コートへ入れます。
・サービス球のみ、ノーバウンドでタッチし、3回以内に返します。
・以後、相手コートから返ったボールは必ずワンバウンド後レシーブして3タッチ以内で返します。
・ルールのオプションとし、ひとり1回しか触れない、1回で返さないなどがあります。

始めた頃は、小学生だった我が家の子供たちと一緒にラリーを続けることが楽しみの1つでしたが、最近は、ラリーもそうですが、いかに相手の取りにくいボールを返すかも楽しさとしてあります。

大体月に2回、2時間程度の練習をしていますが、結構良い運動になります。

もう少し参加できる回数を増やして、運動不足の解消となればいいのですが・・・。
                                  (





阿南高校の標高は341mです。今年は紅葉が遅く、

あまりきれいではありませんが、だんだん色づいて

きました。

先週の『地域の自然』の授業で、紅葉について取り

上げました。どのように色が変わるのか、ちょうど色

の変化を観察するのに適したドウダンツツジが昇降口

下の段にあります。

 中庭は今週からが見頃です。

久しぶりに老眼にむち打って

フェルトでマスコットを作って

みました。

ななんちゃんのつもりですが、

オバQのキャラクターのように

なってしまいました・・・      (k)




普段から意識している前向きに生きるコツ10

・言い換えれば前向きになれる。

・できなかったことよりもできたことを探す。

・疲れたら寝る。

・情報に敏感になりすぎない。

・趣味を持つ。

・まぁいっかの精神。

・情けは人のためならず。自分のため。

・失敗したときの保険をかけた上で期待する。

・悪かったことはひとしきり反省した後で忘れる。

・表に出せないようなことは考えない。

みなさんに合うかは不明ですので自己責任で。

 文責:うめなんとか



ラグビーワールドカップが終わって早2週間。ロスは続いていますか?もうブームが去って野球やサッカーに戻りましたか、皆さん。

私がラグビーの試合を見始めたのは、何十年も前の空前のラグビーブームの頃でした。本当にすごい人気でした。それがいつの間にか、世間一般では日の目を見ないマイナースポーツになってしまいました。しかし2015年のブライトンの奇跡と呼ばれる南アフリカ戦勝利により、ほんの少しだけ注目を浴びることができました。しかし、またブームが去り、当時の私の周りのにわかファン達もあっという間にまた消え去ってしまいました。そんな中、日本ラグビー協会はずっと頑張り続けました。

その頑張りが今年に繋がったと思います。その一つを紹介しようと思います。      

これは日本代表戦(テストマッチ等)の会場内で、桜のエンブレムがついたユニフォームを着た来場者にだけに配られるアイロンプリントです。決められた場所に行かなければ、もらえません。(ワールドカップはワールドラグビー主催なので配られませんでした)

まだ付けていなかったものがあるので、プリントしてみようと思います。ユニフォームの上にアイロンプリントをのせます。

 


アイロンで15秒押し付けます。ちなみにアイロンは

リーチ・マイケル所属のTOSHIBA製です。私はワールドカップ前に新しいBlu-ray Playerを買ったのですが、Blu-ray Playerは稲垣選手や堀江選手や福岡選手が所属するPanasonic製にしました。機能などは無視して、こうやって製品を選ぶ単純な消費者ってやっぱりいるんですよ、企業の皆さん。いや、失礼しました。使ってみたら機能も素晴らしいですよ。 

ていねいにはがして出来上がり。

日本戦のテストマッチに行くとずっと昔からのファンが長年のアイロンプリントを沢山つけて、テカテカになったユニフォームで歩いている人がいます

 


ではまた

2019/11/15




図書館のある東棟にはベランダがあります。過ごしやすい季節にはベランダのベンチで、日向ぼっこをする生徒をよく見かけます。そのひそかな人気スポットのベランダで見かけた珍風景を紹介します。

@謎のノック音 初夏編

18時の飯田方面への電車を待っていた生徒が帰宅し、図書館を閉館した後、ベランダからコンコンとノック音が・・・

生徒が帰宅後に確認したときには誰もいなかったはずなのに?

と思いながら音がする窓に近づくと・・・かわいいお客さんが休憩中でした。

A謎のノック音 秋編

放課後の会議の後、図書館に戻って電気をつけるとベランダからコンコンとノック音が。

戻ってきた時は誰もいなかったはずなのに・・・と思って音のする窓を見ても誰もいません。

それでも続くノック音を不思議に思って近づいてよくよく外を見ると・・・

蜂が窓に突撃を繰り返していました。

B季節外れのアサガオ

8月の終わりころ、種を蒔いていないのにベランダに置かれているプランターからアサガオの芽が出てきました。

季節外れのアサガオですが9月後半から11月頭にかけてきれいな花をつけて、図書館を訪れる人の目を楽しませてくれました。10月下旬には中庭のモミジも少しずつ色が変わってきて、アサガオと紅葉の不思議なコラボレーションも楽しむことができました。

司書





何を書いても良いということなので,自分のクラスのことを書きたいと思います。入学式から早7か月がたち,少しずつ分かってきた特徴を列挙したいと思います。

・たまに大勢休む
 クラスの1/3がいないことも何度かありました。教室がすかすかになってしまい,なんだかさみしいです。

・意外と部活をやっている生徒が多い
 クラスの2/3の生徒が部活に加入していました。高校時代に頑張ったことの一つとして挙げられると良いですね。その反面で,部活にも参加せず,かといって勉強を頑張っているわけでもない人もいます。今は貴重な時です。空白な高校生活を送らないように。

・授業態度は良い らしい
 仲の良い者どうしで協力して頑張っている姿があります。いいね!

・男子はひとかたまり
 しかし学力面は二極化しています。学力をつけたいと思い努力する人もいますが,授業中虚空を見つめてぼーっとしている人もいます。現実から逃げないで。

・女子は数人ずつグループ化
 よくある構図ですね。できれば誰とでも仲良くしてほしいですが,そういうお年頃なのかもしれない。あまりネガティブにならないで。

・クラスTシャツはゴリラ
 超かっこいい。

高校生ですから,将来のこと,進級のこと,友達や先輩とのことなど,色々と悩むこともあるかと思います。そういうものです。あなただけではありません。

それも含めて,楽しく,思い出に残る3年間を過ごせたらいいなと思います。お手伝いしますので,これからもよろしくお願いします。

文責:KH





111日(金)  

10/5()8()の4日間。研修旅行で長崎・福岡を訪れました。

前泊すると決まった時は,費用面で心配しましたが,3泊4日,予算内で実施できました。

前泊したおかげでしょうか,6日の被爆体験講話では,居眠りする生徒はいませんでした。写真は講話後のもので,中心にいらっしゃるのは下平作江さんです。何度も何度も,平和の大切さを訴えておられました。 

天候にも恵まれ,生徒たちの行動も合格点と,たいへん満足度の高い旅となりました。

 ちなみに生徒一番人気のスポットは,ハウステンボスでした。

 

台風19号の被害にあわれました,東信・北信地域のみなさまに,心よりお見舞い申し上げます。私も千曲川流域で育ち,氾濫で家を流されそうになった経験があります。無理をされても,けっして倒れないでください。                            

南佐久郡出身 松本



1029日(火) 

常々音楽の必要性について、どう言葉にしたらしっくりくるか考えているが、
今のところ、2つの作品からとても納得できる答えをみつけたので紹介したい。

一つ目、江國香織さんの「都の子」というエッセイ集の中での一文、

「何をするのも億劫で、気持ちも手足もぐったりしているそういうときに、本を読む気にはなれないが、音楽ならたぶん受け止められるのだ。」

音楽の必要性とはまさにこういうことなんじゃないかと思う。
気持ちを癒したり、感動をしたりする体験は音楽でなくても、読書でも、運動でも食事でもすることができる。でもどれも能動的に行動しなければ得られない。(否定的にとらえないでほしいが
音楽だけが受動的に、しかも世界のどれでも、言語や文化の違い関係なしに体に吸収することができ、心が勝手に動く。
その心地よさを人はどうしても欲してしまうのではないか、と思う。

二つ目、マット・シュレーダーのドキュメンタリー映画

「すばらしき映画音楽たち」という作品だ。

この作品は映画音楽について、歴史、作曲、監督、心理学、演奏と様々な観点から、映画に音楽があることの重要性や、それぞれの作品や作曲家のすばらしさを撮ったものである。

これが、音楽の良さを説明したかった私にとって、なんともピックアップできないくらい最初から最後まで名言揃いで、初めて見たときは納得の嵐で涙が止まらなかった。

また、映画音楽だけでなく、音楽自体がもつ機能なども科学的に説明されており、こちらも深く納得したところであり、音楽の必要性について、全ジャンルにおいて一つ共通した答えになると思える内容だった。

では具体的にどういうところに納得したのか紹介したいところであるが、先にも書いたように、この作品からはとても一つや二つピックアップすることができないので、是非見てほしい。

音楽が好きで、そればかり考えてきた私にとって良さや必要性なんかはとっくにわかっている。これからは人の前で話す立場として、こういう風に自分以外にもそれを理解してもらえるような表現を探しながら音楽を続けていくことも、また楽しみ方の一つであると、このブログを書いていて思った。                      

上原3




「字は体(たい)を表す」

 「字は体(たい)を表す」と言う言葉を、小さい頃から親に言われて育ちました。どのような字を書くかによって、その人の人柄が分かるということです。私も字が綺麗な方ではありませんが、丁寧に書くようには心がけています。話し言葉と同じで、文字も、自分の人となりや考えを「伝える」大切なツールだと感じています。今年度、三年生の履歴書や志望理由書の指導においても、痛感しました。
これからも、相手に「伝わる」字を書いていこうと思います。




我が家の「動物たち」を紹介します。

@  亀蔵(かめぞう)(ミドリガメ🐢)♂ 
住居歴:35ヶ月 つぶらな瞳と甲羅干しで鍛えたグリーンの甲羅が自慢!!

A  アミン(ネコ🐈)♀
住居歴:11年9ヶ月  背中のハートマークとグリーンの目がトレードマーク!!

B  めーさん、だーさん(メダカ🐟
住居歴:3ヶ月 「かーさん」が2週間前に他界…今はツインズとして売り出し中!!

帰宅直後から、アミン🐈さんが「ニャーオ〜、○×▽〜」と大騒ぎ、亀蔵🐢さんはゴソゴソと動き出し、めーさん・だーさんツインズからも熱い視線を浴びている気がする…、毎日こんな感じで、家バージョンの自分スイッチが入ります。「今日の夕飯は何にしようかしら…。」

ちょっとお疲れの日も、このメンバーに夕ご飯をあげながら、「今日はねー…」と話しかけると、「○×▽#$…」とメッセージを返してくれるような気がして、なんだか気持ちがほぐれていくのがわかります。

「明日も豊かな一日になりますように…」動物たちと祈りながら、秋の夜長がふけていきます。





創立70周年記念式典について(ご報告)

 日一日と秋の深まる今日この頃、皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

常日頃より本校の教育にご理解とご協力を賜り心より感謝申し上げます。

さて、1012日(土)、本校の創立70周年記念式典を盛大に挙行する予定でありましたが、大型の台風19号の影響が深刻に心配されることから、関係者の皆様との協議の結果、やむをえず式典を中止の決定をさせていただきました。11日(金)午前中には、その決定をおこない、出席予定者の皆様方にはできる限りのご連絡をいたしました。何分にも急な決定であったため、不行き届きの点が多々あったかと存じますが、その点につきましては、何卒ご容赦、ご寛恕のほどを賜りたくお願い申し上げます。

また、中止決定後の本校の対応については、実行委員長、職員と協議の上、以下の様に変更いたしました。

1011日(金)は、当初より1400より70周年記念式典リハーサルを行う予定で準備をしていたため、そのリハーサルを急遽変更し、できうる範囲での記念式典を挙行いたしました。来賓の皆様方にはご臨席をいただくことはできませんでしたが、近隣の同窓生の皆様を中心に数多くのご参加をいただくことができました。この皆様方のあたたかな思いがこめられた記念式典は、在校生に末永く思い出に残るものになったことと確信しております。

70周年記念式典の開催にあたり、4年前からその運営委員会を立ち上げ、ご尽力いただきました皆様方をはじめ、地元5カ町村の皆様方に重ねまして厚く感謝申し上げます。当初の予定からは変更となりましたが、阿南高校の歴史と生徒の心に残る式典になったことと思います。

今後とも阿南高校の発展のために、皆様方の変わらぬご理解とご支援をお願い申し上げながら、皆様方のますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

令和元年(2019年)1011

長野県阿南高等学校長 上原浩子















                 同窓会寄贈のマイクロバス

10月11日

情報ビジネスコース 里山体験学習

5月中旬 田植えをしました。初めての生徒が多く、泥んこになる人も!

 

 

「さぁ,始めるぜ」

「終わったら,お風呂入れるの?」

 

9月中旬 「稲刈り」「はざ掛け」をしました。

「うまく稲を縛れないよ」

「マムシに気をつけろ!」










10月初め、
「収穫完了。先生方に販売だ。」

 

 










10月7日

阿南高校は創立70周年の節目を迎え、記念式典の準備をしていますが、年号の方も令和へと変わり、新天皇の即位に関連する行事の準備も進んでいるようです。平成から令和へと、世の中の様子もそれほど変わらず、平穏に移り変わっている感じがしますが、振り返ってみると、昭和から平成への移行は、冷戦の終結という、大変な時代の転換点だったことがわかります。
私自身が大学に入学した時期には、ヤルタ体制という戦後のレジュームがいまだに継続していて、法学部で圧倒的な学問的権威があった神谷不二先生も、冷戦という安定したシステムが永続的に続くかのような前提で講義をされていました。ところが現実の展開は学者の言説を裏切ることばかり、89年のうちに冷戦を象徴するベルリンの壁まで崩壊してしまいました。「教員のいうことは当てにならない」と痛感した大学生の私は、民間企業に就職を決めました。平成の最初の年のことです。  T・K






104

(阿南高校野球部部長 小林 駿太)

昨日は1027日から115日まで行われる、飯伊大会の抽選会がありました。我々阿南高校を含め7チーム総当たりで優勝を目指します。
1026日・112日・3日・4日は綿半飯田野球場で、1027日は今宮球場で試合が行われます。皆さんぜひ足をお運びください。入場料は無料です。
ちなみに…阿南高校は部員数5人で活動しています。今回の大会は助っ人を借りて出場します。最近は、NEWバットと新しくマシーンを追加し練習も幅広く行うことができるようになっています。マイクロバスも最新のものになります。野球をする環境はとても充実しています。飯伊大会はまた新たな阿南野球を見せれると思います。応援よろしくお願いします。






ソフトテニス部 部員募集中です。

現在、男子2名、女子2名の計4名で活動しています。

人が少なすぎて、練習すらままならない事態に直面しています。

みなさんのお力をお貸しください。






10年ほど前からメダカを飼っています。家の中ではなく外で飼っています。飼っているといってもほとんど、ほったらかしですが「より自然に近い環境で・・・」と言い訳をしています。今はメダカブームようで1匹千円二千円は当たり前で、中には百万円もするメダカがいるとかいないとか

メダカの学校に出てくるようなメダカのほうが個人的には好みですが

 学校といえば今年、教室にエアコンが設置されました。よりよい環境で学習ができ成績アップに期待したいところです。

エアコン工事に来ていた業者の方から「阿南高校の生徒さんは皆挨拶をしてくれて気持ちよく仕事ができた」と言っていただきました。

阿南高校の生徒は素朴で人懐っこい生徒が大勢います。

K.S





 2019年の9月13日に、ブログを書くことになりました。

さて、何を書こうかなとインターネットで今日の日付を検索したところ、

「中秋の名月、十五夜」と表示され、最近月を見上げていない自分に気がつきまし

た。十五夜といえば、まずお団子が浮かんでくる私ですがゆっくり月を眺める余裕は

欲しいものです。

中秋の名月は別名を芋名月、里芋をお供えする風習があることからそう言われて

います。

また、「月とすっぽん」と言うことわざからすっぽんの日でもあるそうですね。

ますます、月を眺めるより食べ物に目がいってしまいそうです。

本日の阿南の空は雲が多いので、残念ながら月を眺めることは出来ないかもしれ

ません。

しかし、綺麗な満月を眺めたい場合はまだ明日という希望があります。

実は、十五夜というのは暦上で決まっているもので毎回満月の日だとは限らない

そうです。 そして、今年の満月は14日だとということです。

私は明日に期待して月を眺めたいと思います。




今年の女性部の夏休みの学習会でハーバリウムを作りました。

キットを講師の方が用意してくれて、

私でもそれなりのものを作ることができて大満足でした。

それ以上に、周りの先生方のこだわりやセンスに驚きました。

 

勤務校に限らず、様々な年代・立場の先生と話をする機会があることは、

まだまだ経験の浅い私にとってはありがたいことです。

それでも、いきなり外に出ていくのは勇気がいること。

外の世界を知りたいけれど、怖さもある―。

それは生徒と同じかもしれません。

 

だんだんと自分の高校時代の記憶も薄れていく中、

挑戦する姿勢は忘れずにいたいなと感じた夏でした。

もう秋の風が吹いていますね。(K







9月6日(金)


『人間の価値は 

 できるできぬを言うより

 やるかやらぬかで決まる』



阿南高校で5年目を迎えています。

自分の子どものような生徒たちと

毎日楽しい時間を過ごしています。

生徒たちには

挑戦する気持ちを強く大きく抱けるよう

望んでいます。







 9月2日
先週末にサッカー部は、長野県高校サッカー選手権大会に出場してきました。
3年生にとっては最後の大きな大会でした。相手は強豪校で結果は残念なものになってしまい、
力の差を見せつけられる形になりました。選手達は悔しそうにしていましたが、
どこか不完全燃焼な印象を受けました。大会は終わりましたが、リーグ戦の順位決定戦が2週間後に残っています。
そこで悔しさを晴らしてくれることを期待しています。(上原京)






新学期が始まり5日が経ちました。今年の夏休みは皆さんいかがお過ごしだったでしょうか。僕は、久しぶりに友人たちに会ってきました。友人たちとお茶をしながら、楽しく話をしている最中、ある友達が自分にこう言いました。「なんか、今日のお前落ち着いてないよ。どうかしたの?」と。
自分は普段通りのつもりだったので、友人の予想外の一言に非常に驚きました。その後友人と別れた帰り道、友人の言葉が頭に浮かびました。思い返せば、一学期は初めてのことで慣れないことが多くありました。
一日も早く学校に慣れようとして、やや焦っていたかもしれない。気が付かないうちに、心身を落ち着けることができなくなっていた、と気が付くことができました。友人の何気ない一言で、自分を客観視することができ、その後心身を休めることができました。自分に「鶴の一声」をくれた友人には頭が上がりません。
友人のありがたみを感じた、令和最初の夏休みだったのでした。(Gen







夏の思い出


 教員生活最長の夏期休業も終わり本日より学校が始まりました。

 1週間前から勤務して心と体の慣らし運転をしてきたつもりですが、

いざ生徒を迎える日になると体は鉛のように重く空元気で何とか1日乗

り切りました。この夏は休暇をいただいて色々な場所に出向きました。

その思い出の一コマが結婚して家族から離れた息子と娘と行った「八島

湿原」(下諏訪町)です。その日だけは昔に返った感覚で、とても懐か

しかったです。ほんの数時間の旅でしたが、終わると、なぜか「もうそ

こには戻れない。」という寂しさがこみ上げてきました。クラブ指導で

家庭を顧みずお盆も練習試合をしていた自分を悔やんでいます。皆さん、

その年代々で家族と楽しむべきをことを優先してくださいね。 

 写真は「マツムシソウ」(マツムシソウ科)夏の山草の代表のような

存在です。花期は89月位まです。

 

(文章 宮川 記す)







阿南高校では昨日まで保護者懇談会が行われていました。
私はずっと進路指導室で相談に乗っていましたが、どの生徒も自分の人生を真剣に考えており大変立派だと感じました。
3年生はこれから進路実現に向けての活動が大変になってきますが、これを人生の糧にしていってほしいです。








阿南町に越してきて早3か月を過ぎました
だんだん生活にも慣れてきたのですが、今困っているのが、エアコンが無いということです。
今住んでいる所には、エアコンはなく、小さな扇風機一台だけがあるだけ。
今年は冷夏でまだ助かってはいるのですが、私が思う南信の夏のイメージは、とにかく暑いイメージがあるし、もし家の中で倒れても、一人しかいないので、早急にエアコンを買わなければならないと思い、給料も貯まってきたとこだし、やっとエアコンを買うことを決心した。私の給料の何か月分が飛んでいくと思うと、お財布的には厳しい夏ですが、身体的には快適な夏が訪れそうです。    (文責  H)










「12345679」の不思議



12345679×63=777777777です。

12345679×45=555555555です。

12345679×27=333333333です。

 

他にもこの数字に、81,72,54,36,18を掛けてみてください。

 

なぜ、こうなるかは考えてみましょう。ヒントは9を掛けると・・・。(文責K






プラス20q/h

 

 通勤時間20分、下條村から阿南高校までの時間。
これまでの教員生活で
2番目に長い時間です。また、これだけ起伏のある通勤道路は初めてです。

 毎日感じるのですが、いつの間にかスピードメーターが○q/h
朝はメッツからかじかの湯入り口区間・ナピカから早稲田信号区間、
夕方は井戸入沢橋付近・ささや前付近・大沢橋付近が
「いつの間にかゾーン」。そしてその中でも、最も気を遣うのが早稲田信号から学校までの下り坂。エンジンブレーキ併用で下ります。ブレーキパッドは交換したばかりですが、交換前の段階でディスクの円盤を傷つけてしまっていたらしいので、余計にブレーキは慎重になります。

 決して事故を起こさないように、「安全運転」で過ごしたいと思います。( M )

 

丸メーターの間「2」の表示









阿南高校ブログ 第
2弾             7月5日(文責 清沢)

 

今回は76日(土)に開幕する、全国高等学校野球選手権長野大会に出場する阿南高校野球部についてです。
今年度は部員
8名とマネージャー4名でスタートしました。今大会は箕輪進修高校との連合チームでの参加となります。
部員が少ない中ですが、選手、マネージャーともに一生懸命に取り組んでいます。初戦は、
77日(日)11:30より松本市野球で松商学園と予定されています。
多くの応援を力に変えられる嬉しいと思っていますので、ぜひ球場へ足を運んでいただき、
応援をよろしくお願いします。




























 阿南高校 職員によるブログ開設&ご挨拶

 

この度、阿南高校の事務職の皆さんにも含めた教職員全員で、リレーブログを開設することになりました。
ブログ名は、「チーム あなん」です。内容は、阿南高校のことをはじめ、阿南町のことであったり、
教職員のマイブームであったり、内容は様々です。ブログの更新は月、金曜日です。どうぞお楽しみください!

 

 71日(月)                        校長 上原 浩子

 

 みなさん こんにちは。

 本日より阿南高校職員ブログがスタートします。初回は校長からスタートします。

 

 阿南町に越して3か月が経ちました。こちらに引っ越してからは週に何回か朝のウォーキングを始めました。
数日前のこと、いつものように阿南高校第2グランドの外周を歩いていると、四つ葉のクローバーを見つけました。
しゃがんでよく見ると更に2つ見つかり、合計3つも見つけることができました。ほんのささやかなことですが、
]朝からほっと幸せな気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、これは5月のある日。情報ビジネスコースで茶摘みをしますから、よろしかったらとお声がけいただき、
参加させていただきました。学校周辺で生徒と一緒の茶摘み体験をし、なんと20kgも収穫することができ、それが間もなくお茶になりました。阿南高校茶(やぶきた茶)として、40袋です!手摘みですから、市販のものよりも味が優しく、香りもやわらかい。いただくと、何ともほんわかとした穏やかな気持ちになりました。
阿南病院では今年度も阿南高校茶を販売したところ、やはり喜んでいただいたとのことでした。

 

 

 

 今週末76日(土)は、阿南祭の一般公開日です。生徒一人ひとりが頑張っています。
みなさまのご来校をお待ちしております。