ホーム > 保護者の方へ

 

学校感染症による出席停止について

学校感染症(下表)と診断された場合は、学校保健安全法第19条により学校長の判断において、出席停止扱いになります。病気の悪化予防及び他の生徒に感染させないため、登校せずに、速やかに学校に連絡して下さい。この場合の欠席は欠席日数に入りません。

学校感染症が治癒し、再登校する際には、「再登校許可証(報告書)」を提出して下さい。

 

なお、インフルエンザについてのみ、出席停止期間の基準(発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(注)発症した当日・解熱した当日は含まない)を満たしていれば、医師による治癒証明は不要ですので、保護者の方の記入・押印をお願いします。(ただし、受診の際に医師から指示された療養期間があれば、それに従って下さい。) 

インフルエンザ以外の学校感染症については、出席停止解除時の医師判断が必要なため、医療機関で記入していただくことが望ましいですが、その際に文書料等が発生する場合は、担任にご相談下さい。

 

ご不明な点がありましたら、保健室までお問い合わせ下さい。

(参考)  学校で予防すべき感染症の分類・種類(学校保健安全法施行規則第18条)

分  類 感 染 症 の 種 類
【第1種】
いわゆる法定感染症
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。)、鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る。)
【第2種】
学校での流行の可能性が高いもの
(飛沫感染)
インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く。)、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎、風しん、水痘、咽頭結膜熱、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
【第3種】

(その他の感染症)※

12種以外で学校での流行の可能性が高いもの
コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎
感染性胃腸炎(ノロウイルス感染症、ロタウイルス感染症など)、サルモネラ感染症、カンピロバクター感染症、マイコプラズマ感染症、インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症、溶連菌感染症、伝染性紅斑、急性細気管支炎(RSウイルス感染症など)、EBウイルス感染症、帯状疱疹、手足口病、ヘルパンギーナ、A型肝炎、B型肝炎、伝染性膿痂疹(とびひ)、伝染性軟属腫(水いぼ)、アタマジラミ  など

※第3種に分類されている「その他の感染症」は、学校で通常見られないような重大な流行が起こった場合に、その感染拡大を防ぐために、必要があるときに限り、学校医の意見を聞き、校長が緊急的に措置をとることができるものとして定められています。出席停止の指示をするかどうかは、感染症の種類や各地域、学校における感染症の発生・流行の様態等を考慮の上で判断しますので、単発発生の場合は必ずしも出席停止にはなりません。

ページの先頭へ