日滝の杜たより
TOPページへ


   平成29年度
   「日滝の杜たより」vol.2(H29.10.7)
   「日滝の杜たより」vol.1(H29.5.1)



      保護者版
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.4(H29.9.28)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.3(H29.7.26)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.2(H29.5.27)

   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.1(H29.4.26)




 〜〜〜〜 これ以降は、昨年度以前の号(バックナンバー)です 〜〜〜〜


   平成28年度
   「日滝の杜たより」vol.4(H29.2.21)
   「日滝の杜たより」vol.2(H28.8.31)
   「日滝の杜たより」vol.1(H28.5.30)



      保護者版
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.6(H29.2.16
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.4(H28.10.27)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.3(H28.9.30)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.2(H28.7.15)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.1(H28.5.25)



  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


   平成27年度
   「日滝の杜たより」vol.4(H28.2.29)
   「日滝の杜たより」vol.3(H27.11.4)
   「日滝の杜たより」vol.2(H27.9.7)
   「日滝の杜たより」vol.1(H27.5.30)



      保護者版
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.7(H28.2.23)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.6(H27.12.17)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.5(H27.12.17)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.4(H27.11.2)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.3(H27.9.30)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.2(H27.7.23)

   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.1(H27.5.25)



  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


   平成26年度
   「日滝の杜たより」vol.4(H27.2.1)
   「日滝の杜たより」vol.3(H26.11.7
   「日滝の杜たより」vol.2(H26.9.3)

   「日滝の杜たより」vol.1(H26.6.1)

       保護者版
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.7(H27.2.23)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.6(H26.12.17
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.5(H26.12.10)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.4(H26.10.29)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.3(H26.9.10)
   「保護者版・日滝の杜たより」Vol.2(H26.7.22)
   
「保護者版・日滝の杜たより」Vol.1(H26.5.27)



  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


   平成25年度
    「日滝の杜たより」vol.4(H26.2.10)
    「日滝の杜たより」vol.3(H25.11.12)
    「日滝の杜たより」vol.2(H25.9.5)
    「日滝の杜たより」vol.1(H25.6.1)
         
       保護者版
    「保護者版・日滝の杜たより」vol.6(H26.2.17)
   「保護者版・日滝の杜たより」vol.5(H26.2.17)

    「保護者版・日滝の杜たより」vol.4(H25.12.18)
    「保護者版・日滝の杜たより」vol.3(H25.10.29)
    「保護者版・日滝の杜たより」vol.2(H25.7.22)
    「保護者版・日滝の杜たより」vol.1(H25.5.31)


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



   平成24年度
    「日滝の杜たより」vol.4(H25.2.9)
    「日滝の杜たより」vol.3(H24.11.9)
    「日滝の杜たより」vol.2(H24.8.20)
    「日滝の杜たより」vol.1(H24.6.8)


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



   平成23年度
    「日滝の杜たより」vol.1(H23. 5.28)
    「日滝の杜たより」vol.2(H23. 7.30)
    「日滝の杜たより」vol.3(H23.10. 8)
    「日滝の杜たより」vol.4(H23.11. 7)
    「日滝の杜たより」vol.5(H24. 2.29)


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 皆さんは「須坂東高校」にどんなイメージを持っているでしょうか?
 須坂東高校は須坂市の奥座敷と呼ばれているとても奥ゆかしい場所にあります。また、今年度は91周年を迎えた伝統校であります。しかし、旧女子校ということもあって、どちらかと言えば控えめな性格の高校で、皆さんには「須東の良さ」がなかなか伝わっていないように思います。
   
 そこで中学生の皆さんとその保護者の方々にむけて
日滝の杜(ひたき もり)たより」なるものを作り、機会あるごとに本校の姿をお伝えしようと考えました。これから積極的にPRしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

     正門から写した空
      図書館とヒマラヤ杉                 
      
 < ヒマラヤ杉 夕景 >        < ヒマラヤ杉と図書館 >

 ところで、なぜ
日滝の杜(ひたき もり)たより」なのでしょう・・・

   
  それは、「日滝(ひたき)という地籍にある森のような雰囲気の学校からのたより」だからです。先ず校門をくぐると左右にそびえ立つ「ヒマラヤ杉」が迎えてくれます。そして、校舎に向かって右手には「貴婦人の森」が、左手には校舎とは独立した図書館とその横に「しなのの森」が森厳な空気を醸し出しています。
 貴婦人の森(鳥瞰)  


  本校の校章はナラ(ブナ科)の葉がデザインされていますが、もともとこの場所はクヌギ(ブナ科)林だったことが由来です。ナラは「ケルクス属」の植物です。「ケルクス」とはラテン語で、「強くて立派な木」という意味で、校章は生徒諸君に求める姿としてその意味を背負っているのです。
             須坂東高校 校章