1. トップページ
  2. 学校概要
  3. 設置学科
  4. 生物サイエンス科

生物サイエンス科

畜産、愛玩・実験動物や乳肉加工に関する知識・技術を習得します

生物サイエンス科の概要

「生命」の大切さ、思いやりのあるヒューマンサービスの重要性が理解できる生徒の育成を目標とする。

産業動物の飼育・管理や経営管理に関する基礎的・体系的な知識と技術を学ぶなかで、動物とのふれあいを通して飼育の楽しさ、「生命」の大切さを知るとともに、動物に対する関心や意欲を醸成し、広く動物飼育に携わることのできる生徒の育成を目標とする。

また、動物の生産物(乳・肉・卵等)を原料として、乳肉の調整・加工等の基礎的な知識と技術を学ぶことを目標とする。

動物活用コース

本校は家畜飼育に適した付属農場や畜舎があり、また、県下で唯一酪農(乳用牛の飼育と搾乳体験)実習を学べる高校として注目されている。当コースはこのような学習環境を十分に生かすよう、飼養している動物(ウシ、ウマ、ブタ、ヤギ、ヒツジ、ニワトリなど)の飼育・管理や生態、繁殖等について体系的かつ実践的な知識と技術を習得し、地域関連産業に貢献できる人材の育成を目標とする。 また、愛玩動物(イヌ、ネコ、小鳥など)について、その飼育・管理や生態、繁殖、しつけなどを総体的に学ぶことで、身近な動物に対する知識や興味・関心を深め、それらの動物のケアや管理について地域社会や関連産業などにおいて貢献できる人材を育成する。また、関連する「愛玩動物飼養管理士準2級」の資格取得を目指し学習する。 他に、人類の医科学に大きく貢献する実験動物(マウス、ラットなど)の飼育・管理や生態、繁殖等を学び、生体実験を通してその基礎的な知識や技術を習得し、生命科学に携わることのできる人材を育成する。また、関連する「実験動物2級技術者」資格取得に取り組む。

「愛玩動物」
犬の訓練実習の様子
「実験動物」
マウス実験
「畜産」
家畜(鶏)の特性理解

乳肉加工コース

家畜の生産物(乳・肉・卵など)を原料として、乳肉の調整・加工等の基礎的な知識と技術を学ぶことを目標とする。 産業動物(ウシ、ブタ、ニワトリ、ヤギなど)の飼育・管理についての知識や技術を習得し、そこから生み出される食品原材料の製造と原理を学ぶ。さらには食品の安全性や食味など品質の向上、および衛生管理の徹底を学び、それらの食品の流通・販売についての知識と実習・体験を習得する。 動物の飼育・管理から食品の製造、流通・販売という一連の生産工程をくまなく学習することで、乳・肉食品の生産に対する実践的な知識や理解を深め、食品製造に対する興味や関心、ものづくりへの意欲を醸成し、関連食品産業およびフードサービス関連産業に携わることのできる生徒の育成を目標とする。

「産業動物」
搾乳実習
「畜産加工」
ソーセージ製造実習
「畜産」
肥育豚の飼育管理実習
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com