総合学科

 総合学科では、1年次は全員が共通科目を学び、2年次、3年次では、自分の進路実現に必要な科目を選んで学びます。科目選択をする際には、自分の進路への意識の高さが求められるため、1年次で「産業社会と人間」という総合学科に特徴的な科目を履修します。

産業社会と人間

 「産業社会と人間」では、自分の進路についてじっくり考えます。その実現のために必要な2年次以降の選択科目をじっくりと考えます。さまざまな職業について調べたり講演を聴いたりして、自分の進路の方向性を定めていきます。
産業社会と人間の授業風景

 1学期は「自分を知る」ことから始めます。大学の先生や、企業で働いている方、地域の方々、卒業生などのお話を聞いたり、実際に大学や企業を見学していく中で、自分がどんなものに興味・関心があるのか探っていきます。2学期は1学期に学んだことをもとに、具体的に2年次以降の選択科目を決めていきます。各教科の先生から詳しい説明を聞いて、実際に授業を体験します。3学期には1年間を通して学んだことを一人ひとり発表し、プレゼンテーションの力も養います。

系列

 2年次以降は、多くの選択科目が用意されており、科目選択の目安となるように、科目のグループごとに 系列 を設けています。 本校には、以下の3つの系列があります。

  • 文理系列
    • 国語、社会、英語などの文系科目と数学、理科などの理系の科目があります。広く教養を身につけたり、基礎から応用まで進学にも対応した科目があります。
  • 経営ビジネス系列
    • 商品の流れや社会のしくみを学んだり、ビジネスに活かすことができる技術を学ぶ科目があります。
  • ものづくり系列
    • 電気や機械を基礎にした科目や実習など、ものづくりに関する科目や実習があります。

系列の図

 系列の選択科目の取り方で、進学のための教科を深く学ぶことも、興味ある専門分野を中心に学ぶことも、各種資格取得を目指すことも、あるいは、系列を越えて選択することもでき、さまざまな進路に対応することができます。

コメントは受け付けていません。