遠隔通信システムを用いた授業公開

12月13日 遠隔通信システムを用いた授業公開

12月7日(木)に遠隔通信システム(テレビ会議システム)を用いて、
本校と塩尻志学館高校と佐久平総合技術高校臼田キャンパスの3校を結び、
1年「産業社会と人間」の授業公開を行いました。

授業の内容は、それぞれの学校の産社で今までに学んできたことを発表しあい、
意見交換や他校の生徒との交流をとおして、見識を深め、学ぶ意味を考えるもの
でした。科目名は同じでも学校ごとに内容は様々で、新たな気づきや発見があり、
同じ総合学科で学ぶ者同士、良い刺激が得られたと思います。

このシステムの利点は、距離や場所の制約を超えて学びができることです。
また、一方的な配信(受信)ではなく、リアルタイムでの双方向の通信が
できることもメリットです。学校内だけではできない学びにつながる、
大きな可能性をもったシステムといえるでしょう。

当日は、慶應義塾大学と長崎県の先生が視察に来られ、
授業の様子や機器について熱心にご覧になられていました。

コメントは受け付けていません。