TOP

会計情報科

高度資格で未来にステップアップ

 簿記会計と情報処理に的をしぼり、1年次から授業時間を増やして学習します。
  2年からは日商簿記検定2級や全商情報処理検定1級など社会的評価の高い資格に挑戦します。
 専門知識を活かして、四年制大学・短期大学等への進学、将来の専門職を目指します。


カリキュラム

専門科目について  ()内は単位数

【1学年】
  ・ビジネス基礎(2) ・簿記(4) ・原価計算(2) ・情報処理(4)
【2学年】
  ・財務会計Ⅰ(4) ・原価計算(2) ・ビジネス情報(3)
 [SPH] ・文化ビジネス研究(3)
【3学年】
  ・課題研究(3) ・総合実践(2) ・マーケティング(3)
 [選択]・財務会計Ⅱ(3)・電子商取引(3)・プログラミング(3)

商業科との違い

商業科と比較して1年次から専門科目の授業時数が多いことや、より高度な検定の取得を目指していくことなどの違いがあります。 また、商業科では2年次コースに分かれて情報処理、簿記の検定に挑戦をします。会計情報科ではこれら両方を学習するなどの特徴があります。

検定試験について

 検定試験には全国商業高等学校協会(全商)主催のものが9種目あります。
 その他、日本商工会議所(日商)主催の簿記検定や、経済産業省後援の国家資格であるITパスポートなどがあります。

主な検定試験
 ・全商簿記実務検定  ・全商珠算・電卓実務検定
 ・全商情報処理検定  ・全商ビジネス文書実務検定
 ・日商簿記検定    ・ITパスポート試験  等・・・

 詳しくはこちらへ


行事について

 7月7~8日に行われる文化祭「科ノ葉祭」や、12月2~3日に行われる「諏実タウン」などがあります。
 諏実タウンでは、生徒が自ら商品を仕入れ、販売する「諏実ショッパーズ」や、地元の小学生に職業体験をしてもらう「キッズビジネスタウンすわ」が実施されます。