大町岳陽高校

学 科 紹 介
【理数科・学究科】

センター試験(3科目受験型から5・6教科7科目受験型まで)及び国公立2次試験に対応したカリキュラム。2年次からは、理系進学だけでなく文系進学に対応した内容も強化し、一人ひとりの進路希望の実現を目指します。専門性の高い発展的な学習や信州大学等との連携により、深い学びを可能にします。

大町山岳博物館・東京工業大学との連携授業によるフィールドワークや外国人との交流等、地域の人的、物的資源を最大限に活かした体験授業が充実。授業での学びは、体験を通して、より深く獲得され、自らの課題追及へとつながります。課題研究や英語スピーチコンテスト等のアクティブ・ラーニングにより、「知る⇒体験する⇒気づく⇒考える⇒表現する」学びの好循環が生まれ、社会で求められている力を育成します。

土曜・平日補習授業や朝ドリル、信州大学模擬授業学習、学習合宿等、授業内容の定着、学力の向上を図る学習支援体制が整っています。3年間段階的に行う岳陽スタイルのキャリア教育と丁寧な進路指導により、自ら主体的に進路を考え、希望を実現できるようサポートします。


●平成28年度課題研究
世界で一番新しい花崗岩の発見
白馬地域の蛇紋岩を使った熱水実験
白馬八方温泉周辺の微生物群集構造について
大町市の身近な里山における生物間相互作用
生態系の自己完結
食文化History
手で持てる水~Ooho~
一番飛ぶ紙飛行機とその条件を探る
水の高さと量~モーターの回転数の違いによる発電量の違い~
【普通科】