校章

資格取得
在学中に習得可能な専門の資格・検定

(1) ガス溶接技能講習
   アーク溶接技能講習

可燃性ガス及び酸素や、高電圧を使用して行う溶接、溶断、加熱の作業は、造船、鉄鋼、建設業、各種機械製造業等で広く使われています。しかし、これらの作業に使用する可燃性ガスや支燃性ガス、高電圧装置関係は、その性質や取扱いに関する知識が無いと、重大な災害を発生させる危険性があるため、ガスまたはアーク溶接作業主任者免許か、ガスまたはアーク溶接技能講習修了証を有する者でなければ、当該業務をおこなうことができません。

溶接
(2)ボイラー取扱技能講習     
  (小規模ボイラー・小型ボイラー)
ボイラー技師とは、病院、学校、工場など、ビルなどで様々なボイラーを取扱い、点検、安全管理を行うために必要な資格です。
(3) 危険物取扱者 乙種1〜6・丙種

危険物の性質や消火法、法規制などについての知識を持ち、危険物の貯蔵や取り扱いや、その指示を行うために必要な資格です。 製造所・貯蔵所・販売所など(タンクローリー、危険物を扱う工場、ガソリンスタンド)で危険物の取り扱いを行う場合は、危険物取扱者自身が行うか、危険物取扱者が作業に立ち会わなければいけません。

(4) フォークリフト運転免許 フォークリフトは、世界の物流のなかで欠かせないものです。また、フォークリフトは物流だけではなく、様々な職場で活躍しています。ただフォークリフトを運転するには、免許資格を取得するために講習を受講し合格しなければいけません。
(5) 3次元CADアドミニストレータ認定試験 機械、建築、インテリアなど産業界で3次元化が進んでいますが、3次元CAD操作の基本を問う試験で、CAD操作が的確にできるかどうかが判定され、上位資格を目指しながらスキルアップするための資格です。
(6) 全国工業高等学校長協会主催

@ 情報技術検定 1級・2級・3級

A 計算技術検定 1級・2級・3級

B 機械製図検定

C 基礎製図検定

工具
フォークリスト
(7)技能検定(国家資格) 技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。確かな技能の証として各職場において高く評価されています。本校では「機械検査」、「機械加工(普通旋盤作業)」、「機械系保全作業」に主として取り組んでいます。  
(8)品質管理検定 3級、4級 企業では品質管理が大切です。品質管理に関する基礎知識に加え、「5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾」や「ほうれんそう(報告、連絡、相談」といった社会人として必要なマナーを身につけることが出来ます。