・・・ 地域に学び 地域とともに育つ 地域に愛される 農林高校 ・・・  生命を育み、生命に学ぶ !! ・・・ 交流と創造の学びフィールド 『農林スクールパーク』 で体験しながら楽しく学ぼう ・・・ 目指そう アグリ・スペシャリスト!! グリーン・スペシャリスト!! ・・・
長野県下高井農林高等学校
農力創造! 未来 を拓く

最終更新日 平成30年(2018年)12月11日


学校パンフレットはこちらをクリック


2018.11.02 平成31年度入学者選抜情報を更新しました。

2018.12.11 生徒自ら行う学習環境整美事業のページを更新しました。

2018.12.11 最近の話題をUPしました。

2018.11.29 平成30年度 農林だより第8号(11月号)をUPしました。


H30.12.10 小沼ぼうき技術伝承講習会
      
 12月10日(月)、小沼ぼうき振興会の相談役である田中 健吾さんをお招きし、課題研究の授業でグリーンデザイン科地域資源活用コース3年の市川 陸人君が取り組んでいる小沼ぼうきの技術伝承講習会を行いました。小沼ぼうきは、飯山市常盤地区に古くから伝わる伝統産業ですが、後継ぎがいないため技術の伝承が危ぶまれているのが現状です。現在は、「小沼ぼうき振興会」を中心に保存に向けた活動が行われていますが、市川君自身は7月に、本校の福沢 忠男先生とともに田中さん宅を訪問し、直接技術指導を受け研究を続けてきました。今回は、その時教わった技術をより確実なものにするための講習会でしたが、市川君の技術がより確実なものになったことは言うまでもありません。本当に良い機会を与えてくださった、田中 健吾さんに感謝申し上げるとともに、地域に暮らす我々が小沼ぼうきの技術を継承していけるよう、益々努力していきたいと改めて考えさせられました。

H30.12.10 飯山養護学校農耕班(高等部)との門松作り交流会
      
 12月10日(月)、飯山養護学校農耕班との門松作り交流会が実施されました。本校のグリーンデザイン科2年生の生徒6名が講師となり、農耕班の生徒12名及び職員5名に門松の作り方を講習しました。普段は教わることばかりですが、本日は自分達が先生になり苦労しながら丁寧に教えていました。出来上がった門松を片手に、農耕班の生徒及び先生方は、良い年を迎えられると大喜びでした。
 2年生にとっては初めての交流会でしたが、人に教えることの難しさや、日頃学習している専門知識・技術が地域貢献に役立つことを実感できた交流会でした。


          
 最近の話題
平成30年度の話題 10 11 12
平成29年度の話題 10 11 12 2,3
平成28年度の話題 10 11 12 2,3
平成27年度の話題 10 11 12 2,3