本校の学校農業クラブの紹介です。

 

学校農業クラブとは?
 学校農業クラブは農業高校(農業関係学科を設置する高校)の生徒たちによって組織されています。クラブ員は、農業やそれに関連する分野を発展させる技術と態度を身につけることを目指し、先生の指導のもとで農業に関する科目の学習やその他いろいろな活動にも積極的に参加しています。このように、農業クラブ員が自主的・自発的な学習を行い、将来の立派な社会人として必要な創造性、表現力、連帯感等を養うために学校農業クラブが組織され、次のようなねらいを持って活動しています。
 
長野県下高井農林高等学校 生徒会農業部細則
第1条
 この部は長野県下高井農林高等学校生徒会農業部(以下単にこの部)と称し日本学校農業クラブ連盟につながる時は、長野県下高井農林高等学校農業クラブという。
 
第2条
 この部は部員の指導性、社会性、科学性を養成し、社会の有為なる形成者として、また現代の農業人として必要な資質と能力を養うことを目標とする。
 
第3条
 この部は目的達成のため、次の事項を行う。
(1)専門的技術とプロジェクトに関すること。
(2)農村生活に関すること
(3)関係団体との提携協力に関すること。
(4)その他目的達成のための必要事項。
 
第4条
 本校に在籍する全ての生徒をもって構成される。
 
第5条
 この部は対外的には地区・県連盟およびブロック・全国連盟(FFJ)に加入する。

第17条
 この部につぎの分会を置く。
(1)学級分会「ホームルーム」を単位分会とする。
(2)専門部会、生徒会会則第45条に設置するクラブをもって専門部会とする。ただし原則として同時に他の専門部会に属さないものとする。

生徒会会則第45条

 農業部に次のクラブを置く。
 植物科学・草花・動物科学・食品科学・環境緑地・土木測量・生活科学・流通情報・農村文化・自然保護