本校の沿革
明治39年(1906年)

明治32年実業学校令および同年文部省令農業学校規定により、群立乙種農林学校設立許可
大正9年(1920年) 文部省告示により校名を「長野県下高井農林学校」と改称
大正13年(1924年) 校旗、校歌制定(作詞高野辰之、作曲岡野貞一)
昭和19年(1944年) 農業科、林学科を設置し、各1学級募集
昭和23年(1948年)


新学制により「長野県下高井農林高等学校」となり、次の課程をおく
全日制9学級(農業科3・林学科3・女子農業科3)
定時制(農業科・女子農業科、)いずれも中心校)
昭和27年(1952年) 第1回全国高校スキー大会において男子総合優勝
昭和38年(1963年)

新教育課程実施 定時制廃止
農業科2・林学科1・生活科1学級 募集定員は180名
昭和39年(1964年) 生活科2学級募集となる。
昭和57年(1982年)

新教育課程実施
農業科2・林学科1・生活科1 募集定員は135名
平成元年(1989年) 農学科1学級減 農業科1・林学科1・生活科1 募集定員は120名
平成3年(1991年) 新教育課程実施 農業科・林学科・生活科のくくり募集に
平成8年(1996年) 創立90周年記念事業(庭園、校門設置、トレーニング機器購入)
平成10年(1998年) 第2農業実習棟落成
平成16年(2004年)

新教育課程実施
生物資源科・緑地環境科のくくり募集に 募集定員は80名
平成18年(2006年) 創立100周年記念事業(峻嶺会館、記念碑)
平成20年(2008年) 文部科学省「高等学校における発達障害支援モデル校」指定
平成21年(2009年) 学校設定科目「カルチベーション」開講
平成24年(2012年) アグリサービス科・グリーンデザイン科のくくり募集に 募集定員は80名