27年度の話題 10 11 12 2,3 27年度の話題へ


H28 9月の話題

H28.9.28-30 第2回キャリアWeek(1年生)
      
 今年度、第2回となるキャリアWeekで、1学年はボランティア体験を行いました。生徒は農業、福祉、土木、動物園、調理に分かれ、それぞれの作業を行いました。農業ボランティアでは、野菜の出荷作業や除草作業などを行い、担当の方の指示をよく聞き、黙々と仕事に取り組んでいました。

H28.9.28-30 第2回キャリアWeek(2年生)
      
 2学年は3日間にわたり農家・企業研修を行いました。5月に行われた農家・企業研修での反省を生かして、自分たちの課題を克服することが今回の目的です。生徒たちの作業も慣れた様子で、自分たちで考えながら取り組んでいる姿がありました。前回に引き続き、木島平村・飯山市・須坂市・長野市・中野市・野沢温泉村にある多くの農家・企業・事業所の皆様のご協力をいただきました。ありがとうございました。

H28.9.25 北信州ハーフマラソン
      
 9月25日(日)、野沢温泉村から木島平村、飯山市を駆け抜ける「北信州ハーフマラソン」が行われました。ハーフマラソンと10キロの部に本校の生徒(2名)や職員(6名)が参加しました。10キロの「一般女子29歳以下」で、2年C組の滝澤小遥さんが6位で入賞、ハーフマラソンで職員が6位に入賞しました。滝澤さんは2年連続の入賞となりました。

H28.9.16 1学年行事
      
 9月16日(金)、卒業後の進路選択に向け、労働観・社会性を学ぶことを目的に1学年は信州ハム上田工場や上田情報ビジネス専門学校を訪問しました。信州ハム上田工場では、ビデオや現場見学を通して、ハムやウィンナーができる工程を学びました。上田情報ビジネス専門学校では、3コース(情報処理科・建築学科・公務員科)に分かれ、携帯電話用アプリのシステムや空間デザイン、公務員の仕事等について学びました。
 しんりんで昼食をとった後、真田丸大河ドラマ館と安楽寺・国宝八角三重塔を訪れました。北野建設の方から案内をしていただき、八角三重塔の保存修理について詳しい話を聞くことができました。

H28.9.16 2年生研修旅行3日目
      
 京都府へ移動し、三条、伏見、五条、二条に分かれ、まいまい京都ツアーに参加しました。三条では、約180店舗がひしめきあう三条会商店街を、商店街理事長の解説をいただきながらつまみ食い歩きをしました。伏見では、中書島・柳町の商店街や龍馬通り商店街など独特の文化を持つ商店街でつまみ食い歩きをしました。扇発祥の地である五条では、投扇興とミニ茶席を体験。二条にある京都市動物園では、動物たちに触れ合い、バックヤードも探検しました。
 2泊3日、大きな事故や怪我もなく無事に終えることができました。今回の研修旅行で、見て、聞いて、体験し、感じたことは今後のキャリア学習に活かされることでしょう。

H28.9.15 2年生研修旅行2日目
      
 滋賀県から大阪府池田市へバスで移動し、インスタントラーメン発明記念館を訪れました。マイカップヌードルファクトリーでは、自分でデザインしたカップに4種類の中からお好みのスープと、12種類の中から4つのトッピング具材を選び、世界でひとつだけのオリジナルカップヌードルを作りました。
 午後は楽しみにしていたユニバーサル・スタジオ・ジャパン。ちょうどハロウィーンのイベントが行われていました。入場するとすぐ農林生の集団はあちらこちらに散り、思い思いにアトラクションやショッピングを楽しみました。

H28.9.14 2年生研修旅行1日目
      
 新幹線で金沢駅まで向かったのち、ガイドの案内で特別名勝「兼六園」を回りました。昼食は園内にある寄観亭で金沢の郷土料理をいただきました。その後、アグリサービス科は石川県観光物産館で和菓子作りを、グリーンデザイン科はあいとうエコプラザ菜の花館で天ぷら油を利用したキャンドル作りを体験しました。
 夕食は滋賀県の琵琶湖を遊覧するミシガンディナークルーズ。船内の豪華な装飾と美味しいバイキングを楽しみ、船のデッキで行われた歌や踊りに大いに盛り上がりました。

H28.9.1 3年「社会福祉基礎」で手話を学ぶ
      
 3年「社会福祉基礎」では、外部講師の本木さんと北信保健事務所の手話通訳士の方から手話を教えていただいています。今回は第2回で、自分の名前と数字を手話で練習しました。1〜10の基本となる数字を練習した後に、それを応用して他の数字を表現することを学びました。生徒たちは本木さんの手の動きをよく見て、1つ1つの動きを正確に練習していました。生徒たちは、「手話を覚えるのは大変だけれど、聞こえない人の気持ちがわかるようになった」や「手話を通して、気持ちが伝わってとても感動した」と感想を述べていました。外部講師の方による手話の授業は計12回行われます。